医療法人社団高恵会 築地神経科クリニック 築地神経科クリニック
お知らせ
病院紹介
設立理念・ご挨拶
概要
フロア紹介
診療案内
診療予約
医療設備
採用案内
アクセス
お問い合わせ
築地脳ドックセンター
東京ガンマユニットセンター
築地免疫再生医療センター
藤枝平成記念病院
サイトマップ
HOME | お知らせ | 病院紹介 | 診療案内 | 診療予約 | 医療設備 | 採用案内 | アクセス | お問い合わせ |
これからガンマナイフ治療を受ける方へ | 脳ドックセンター | ガンマユニットセンター | 免疫再生医療センター | サイトマップ
設立理念・ご挨拶 概要 フロア紹介
 
業績

  2015年1月〜12月

【論文】

  1. Hideyuki Kano, Takashi Shuto, Yoshiyasu Iwai, Jason Sheehan, Masaaki Yamamoto, Heyoung L. McBride, Mitsuya Sato, Toru Serizawa, Shoji Yomo, Akihito Moriki, Yukihiko Kohda, Byron Young, Satoshi Suzuki, Hiroyuki Kenai, Christopher Duma, Yasuhiro Kikuchi, David Mathieu, Atsuya Akabane, Osamu Nagano, Douglas Kondziolka, L. Dade Lunsford: Stereotactic radiosurgery for intracranial hemangioblastomas: a retrospective international outcome study: Journal of Neurosurgery. 122: 1469-78, 2015
  2. Seiichiro Hirono, Yasuo Iwadate, Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Osamu Nagano, Tomoo Matsutani, Naokatsu Saeki : Stereotactic radiosurgery in combination with up-front high-dose methotrexate as a first-line treatment for newly diagnosed primary central nervous system lymphoma.: Journal of Neuro-Oncology. 123: 237-44, 2015
  3. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,松田 信二,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,芝本 雄太: 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療において生命予後と神経機能予後を予測可能なgrading system: Modified Basic Score for Brain Metastases.定位的放射線治療 19: 81-89, 2015
  4. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一: ガンマナイフで治療を行った突発性三叉神経痛症例数の推移.定位的放射線治療 19: 147-153, 2015

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa: Symposium 2: Gamma Knife Surgery for Multiple Metastatic Brain Tumors: The4th Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society. Yokohama, 2015.2.21 [Moderator]
  2. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Tatsuo Hirai: A new grading system predicting life expectancy and neurological outcomes in stereotactic radiosurgery for brain metastasis: “Modified BSBM”: The4th Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society. Yokohama, 2015.2.21 [Symposium]
  3. Takashi Shuto, Masaaki Yamamoto, Toru Serizawa, Atsuya Akabane, Yoshinori Higuchi, Jun Kawagishi, Kazuhiro Yamanaka, Yasunori Sato, Hidefumi Jokura: Gamma Knife Surgery for Metastatic Brain Tumors (JLGK0901): Case-matching Study: The4th Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society. Yokohama, 2015.2.21 [Symposium]
  4. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Kyoko Aoyagi, Shinji Matsuda: Validity Test of Previously - Reported Grading Systems for Brain Metastasis Patients: The4th Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society. Yokohama, 2015.2.21 [Symposium]
  5. Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi: Long Term Results of Gamma Knife Surgery for Trigeminal Neuralgia. Over 4 Years Follow-up: The4th Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society. Yokohama, 2015.2.21 [Oral]
  6. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Kyoko Aoyagi, Shinji Matsuda: Staged Stereotactic Radiotherapy for Large Metastatic Brain Tumors Treated with Gamma Knife Radiosurgery: The4th Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society. Yokohama, 2015.2.21 [Oral]
  7. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Tatsuo Hirai, Shinya Takemoto, Yuta Shibamoto: Validity test of neurological prognostic score with 5 grading systems for brain metastasis patients treated with stereotactic radiosurgery: 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.8 [Oral]
  8. Kyoko Aoyagi, O. Nagano, T. Serizawa, Y. Higuchi, S. Hayama, S. Matsuda, S. Ishige, T. Machida, J. Ono, N. Saeki: Outcomes of patients with brain metastases from primary breast cancer treated with stereotactic radiosurgery: comparison based on breast cancer subtypes: 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.8 [Oral]
  9. Toru Serizawa: Main Debate Symposium“Intracranial Metastases”: 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.9 [Moderator]
  10. Masaaki Yamamoto, Toru Serizawa, Takashi Shuto, Atsuya Akabane, Yoshinori Higuchi, Jun Kawagishi, Kazuhiro Yamanaka, Yasunori Sato, Hidefumi Jokura: Gamma Knife surgery for metastatic brain tumors (JLGK0901): case-matching study:12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.9 [Symposium]
  11. Shinji Matsuda, Toru Serizawa, Osamu Nagano,Yoshinori Higuchi: Age related difference of the results of Gamma Knife surgery for medically intractable trigeminal neuralgia: 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.10 [Oral]
  12. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Kyoko Aoyagi, Shinji Matsuda, Satoshi Ishige, Toshio Machida, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Staged stereotactic radiotherapy for large metastatic brain tumors treated with Gamma Knife radiosurgery: 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.10 [Oral]
  13. Yoshinori Higuchi, O. Nagano, K. Aoyagi, T. Serizawa, S. Nakano, S. Matsuda, I. Yamakami, N. Saeki: Volumetric assessment in growing vestibular schwannoma treated with Gamma Knife surgery: pre-treatment growth potential and transient expansion: 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Yokohama, 2015.6.10 [Oral]
  14. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療のエビデンス確立の歩み.上総がんフォーラム(君津),2015.2.4[招待講演]
  15. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史,小野 純一,佐伯 直勝,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフによる段階的照射の歩み.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.20[サテライトシンポジウム]
  16. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史,小野 純一,佐伯 直勝,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療おけるNeurological Prognostic Scoreの有用性?癌腫別の検討.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.21[シンポジウム]
  17. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,松田 信二,奥山 翼,石毛 聡,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:肺癌,乳癌,大腸癌からの比較的大きな転移性脳腫瘍に対する寡分割定位的放射線治療 3群間の比較.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.21[シンポジウム]
  18. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,松田 信二,奥山 翼,石毛 聡,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍におけるガンマナイフ治療後の腫瘍体積の推移について 治療後5 年以上観察し得た147例の検討.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.21[一般口演]
  19. 砂岡 宏和,樋口 佳則,瀬戸口 大毅,本島 卓幸,永野 修,青柳 京子,芹澤 徹,佐伯 直勝:再発神経膠腫ガンマナイフ治療後,てんかん発作に伴い広範囲皮質造影効果を示した一例.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.21[一般口演]
  20. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療の長期成績 4年以上観察例の検討.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.21[一般口演]
  21. 芹澤 徹:シンポジウム2:JLGK study.第16回日本ガンマナイフ研究会(横浜),2015.2.22[座長]
  22. 芹澤 徹,永野 修:ガンマナイフ治療を施行した非小細胞肺癌脳転移例に対するModified BSBMの有用性.第172回日本肺癌学会関東支部学術集会(東京),2015.3.14[一般口演]
  23. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:直径2.5p以上の脳転移巣を有するoligometastasis症例への定位放射線治療成績.第172回日本肺癌学会関東支部学術集会(東京),2015.3.14[一般口演]
  24. 芹澤 徹:一般演題5 転移性脳腫瘍(3).第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[座長]
  25. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,青柳 京子,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史,竹本 真也,小野 純一,佐伯 直勝 芝本 雄太:NPS systemのロバスト性 Part 1:癌腫別の検討.第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[シンポジウム]
  26. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,青柳 京子,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史,竹本 真也,小野 純一,佐伯 直勝 芝本 雄太:NPS systemのロバスト性 Part 2: Grading system別の検討 .第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[シンポジウム]
  27. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,青柳 京子,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史,竹本 真也,小野 純一,佐伯 直勝 芝本 雄太:未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績 ARUBA適格症例における検討.第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[シンポジウム]
  28. 山本 昌昭,芹澤 徹,周藤 高,赤羽 敦也,樋口 佳則,川岸 潤,山中 一浩,佐藤 泰憲,城倉 英史,四方 聖二,永野 修,祁内 博行,森木 章人,鈴木 聡,木田 義久,岩井 謙育:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績ー前向き多施設共同研究 (JLGK0901) : 治療ガイドラインは改訂されてきているか?.第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[シンポジウム]
  29. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,松田 信二,石毛 聡,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍における定位放射線治療後の腫瘍体積の推移についてー治療後7年以上観察し得た123例での検討ー.第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[シンポジウム]
  30. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,松田 信二,石毛 聡,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:比較的大きな転移性脳腫瘍に対する寡分割定位的放射線治療成績ー肺癌,乳癌,消化癌での比較ー.第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[一般口演]
  31. 樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹,青柳 京子,中野 茂樹,松田 信二,山上 岩男,佐伯 直勝:Stereotactic radiosurgery 後の聴神経腫瘍ー一過性膨大に関わる因子.第24回日本定位放射線治療学会(長崎),2015.5.15[一般口演]
  32. 芹澤 徹:一般演題W「転移性脳腫瘍」.第6回日本放射線外科学会(金沢),2015.5.30[座長]
  33. 芹澤 徹,永野 修,青柳 京子,松田 信二,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝:未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績 ARUBA適格症例における検討.第6回日本放射線外科学会(金沢),2015.5.30[一般口演]
  34. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,中野 茂樹,石毛 聡,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:直径5oの脳転移巣に対するガンマナイフ治療後に顕著な遅発性放射線障害を生じた一例.第6回日本放射線外科学会(金沢),2015.5.30[一般口演]
  35. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝,竹本 真也,平井 達夫,芝本 雄太:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の耳痛.第24回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2015.6.6[一般口演]
  36. 樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹,青柳 京子,中野 茂樹,松田 信二,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍のgrowth potential とガンマナイフ治療後の一過性膨大.第24回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2015.6.6[一般口演]
  37. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療のエビデンス確立への歩み.第26回東部脳神経外科フォーラム(東京),2015.6.27[招待講演]
  38. 芹澤 徹,山本 昌昭,JLGK0901 Study Group:転移性脳腫瘍に対するSRSの前向き多施設共同研究(JLGK0901):Part 1 主要および副次評価項目の二次解析.第23回日本乳癌学会学術総会(東京),2015.7.3[ポスター]
  39. 永野 修,芹澤 徹,羽山 晶子:乳癌脳転移に対する定位放射線治療の成績ーサブタイプでの比較ー.第23回日本乳癌学会学術総会(東京),2015.7.4[厳選口演]
  40. 芹澤 徹,永野 修:ガンマナイフ治療を施行した非小細胞肺癌脳転移 Modified BSBM 3B群の治療成績.第173回日本肺癌学会関東支部学術集会(東京),2015.7.4[一般口演]
  41. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療の光と影.第30回日本脳神経外科国際学会フォーラム(淡路島),2015.7.24[招待講演]
  42. Osamu Nagano,Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Kyoko Aoyagi, Junichi Ono:Staged stereotactic radiotherapy for large metastatic brain tumors treated with gamma knife radiosurgery.第30回日本脳神経外科国際学会フォーラム(淡路島),2015.7.24[一般口演]
  43. 芹澤 徹:新型モデル・Perfexion時代の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第22回Clinical Imaging 研究会 (千葉),2015.9.4[招待講演]
  44. 芹澤 徹:特別公演II 「ガンマナイフ:1951〜1968年,1968年〜1987年,そして現代へ」.第10回明日のガンマナイフを担う会(松本),2015.9.19[座長]
  45. 芹澤 徹:私のスケッチブック活用法.第10回明日のガンマナイフを担う会(松本)2015.9.18[一般口演]
  46. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療後の聴神経腫瘍患者さんが耳を痛がったら?.第10回明日のガンマナイフを担う会(松本),2015.9.18[一般口演]
  47. 芹澤 徹:世紀のメス ガンマナイフ エビデンス確立への歩み.麻布学園平成27年度リレー講座(東京),2015.10.10[教育講演]
  48. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,青柳 京子,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝,小南 修史:ARUBA 適格基準を満たす未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績.日本脳神経外科学会第74回学術総会(札幌),2015.10.14[シンポジウム]
  49. 芹澤 徹:肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療.Lung cancer Expert Meeting(東京),2015.10.19[招待講演]
  50. 芹澤 徹:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療適応.第53回日本癌治療学会学術集会(京都),2015.10.31[シンポジウム]
  51. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療におけるNPS systemのロバスト性.第53回日本癌治療学会学術集会(京都),2015.10.31[ワークショップ]
  52. Toru Serizawa,Masaaki Yamamoto, Yoshinori Higuchi, Yasunori Sato:A multi-institutional prospective observational study of SRS for multiple brain metastases (JLGK0901 Study): Part 1, long-term results of primary and secondary endpoints.日本放射線腫瘍学会第28回学術大会(群馬),2015.11.19[一般口演]
  53. Toru Serizawa,Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Tatsuo Hirai, Shinya Takemoto, Akifumi Miyakawa, Yuta Shibamoto:Validity test of neurological prognostic score with 5 grading systems for brain metastasis patients treated with stereotactic radiosurgery.日本放射線腫瘍学会第28回学術大会(群馬),2015.11.20[ポスター]
  54. 芹澤 徹,山本 昌昭:転移性脳腫瘍に対するSRSの前向き多施設共同研究(JLGK0901)の二次解析:Part 1 主要・副次評価項目.第56回日本肺癌学会学術総会(横浜),2015.11.28[ワークショップ]
  55. 芹澤 徹,永野 修:神経機能予後予測スコアー(NPS)は既知の生存予測grading systemと統合できるか?.第56回日本肺癌学会学術総会(横浜),2015.11.26[ポスター]
  56. 芹澤 徹,永野 修:11個以上の非小細胞肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療の妥当性.第56回日本肺癌学会学術総会(横浜),2015.11.28[ポスター]
  57. 芹澤 徹,永野 修:ガンマナイフ治療後の放射線壊死と腫瘍再発の鑑別にメチオニンペットが有効であった1例.第174回日本肺癌学会関東支部学術集会(東京),2015.12.5[一般口演]
  58. 芹澤 徹,永野 修:乳癌脳転移に対してガンマナイフ治療施行後の放射線壊死に対しアバスチンが有効であった1例.第12回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2015.12.5[一般口演]
  59. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.ガンマナイフパーフェクション導入記念講演会(熊本),2015.12.11[招待講演]
  60. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,青柳 京子,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝,小南 修史:ARUBA 適格基準を満たす未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績.第45回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2015.12.13[一般口演]
  61. 永野 修,芹澤 徹,中野 茂樹,青柳 京子,石毛 聡,町田 利生,樋口 佳則,小野 純一:乳癌脳転移に対するガンマナイフ治療の成績ーサブタイプでの比較ー.第45回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2015.12.13[一般口演]

  2014年1月〜12月

【論文】

  1. Masaaki Yamamoto*, Toru Serizawa*, Takashi Shuto, Atsuya Akabane, Yoshinori Higuchi, Jun Kawagishi, Kazuhiro Yamanaka, Yasunori Sato, Hidefumi Jokura, Shoji Yomo, Osamu Nagano, Hiroyuki Kenai, Akihito Moriki, Satoshi Suzuki, Yoshihisa Kida, Yoshiyasu Iwai, Motohiro Hayashi, Hiroaki Onishi, Masazumi Gondo, Mitsuya Sato, Tomohide Akimitsu, Kenji Kubo, Yasuhiro Kikuchi, Toru Shibasaki, Tomoaki Goto, Masami Takanashi, Yoshimasa Mori, Kintomo Takakura, Naokatsu Saeki, Etsuo Kunieda, Hidefumi Aoyama, Suketaka Momoshima, Kazuhiro Tsuchiya: Stereotactic radiosurgery for patients with multiple brain metastases (JLGK0901): a multi-institutional prospective observational study. The Lancet Oncology 15: 387-395, 2014 (*Contributed equally)
  2. Toru Serizawa,Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Tatsuo Hirai Akifumi Miyakawa, Yuta Shibamoto,A New Grading System Focusing on Neurological Outcomes for Brain Metastases Treated with Stereotactic Radiosurgery: Modified Basic Score of Brain Metastases, Journal of Neurosurgery 121: 35-43, 2014
  3. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,松田 信二,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における各種grading system の有用性の検証.定位的放射線治療 18: 97-105, 2014
  4. 平井 達夫,芹澤 徹,宮川 聡史,平井 崇久:振戦に対するガンマナイフ視床手術の長期成績.定位的放射線治療 18: 135-145, 2014
  5. 山中 一浩,岩井 謙育,周藤 高,木田 義久,佐藤 光弥,林 基弘,近藤 威,平井 久雄,堀 兼太郎,久保 謙二,森 久恵,永野 修,芹澤 徹:Central neurocytomaのガンマナイフ治療.全国調査報告 (JLGK 1201 study).定位的放射線治療 18: 177-184, 2014
  6. 永野 修,芹澤 徹:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療.JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 23(9): 880-883, 2014
  7. 芹澤 徹,樋口 佳則:ガンマナイフ治療の現状.Rad Fan 放射線治療活用BOOK2014 12(15): 33-39, 2014

【学会・研究会発表・講演会】

  1. 芹澤 徹:一般演題V「脳腫瘍 原発・転移」.第5回日本放射線外科学会(群馬),2014/1/18[座長]
  2. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における神経機能温存を予測できる新たなgrading system. 第5回日本放射線外科学会(群馬),2014/1/18[一般口演]
  3. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:比較的大きな転移性脳腫瘍に対する寡分割定位的放射線治療:線量分割法による比較. 第5回日本放射線外科学会(群馬),2014/1/18[一般口演]
  4. 芹澤 徹:デモンストレーション放射線分割照射システム「エクステンド」.第3回ガンマナイフ治療計画勉強会(名古屋),2014/2/15[座長]
  5. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療のピットフォール〜私の経験などから…わたし失敗しないので,と言えるために…〜 1.転移性脳腫瘍.第3回ガンマナイフ治療計画勉強会(名古屋),2014/2/15[サテライトセミナー]
  6. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療におけるNeurological Outcomeを予測可能な新grading systemの提案 〜Modified Basic Score of Brain Metastases.第3回ガンマナイフ治療計画勉強会(名古屋),2014/2/16[一般口演]
  7. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:肺癌脳転移に対する定位放射線治療における神経機能温存の予後因子解析.第169回日本肺癌学会関東支部会(東京),2014/3/8[一般口演]
  8. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:直径2.5p以上の脳転移巣に対する寡分割定位放射線治療の成績:腫瘍制御および神経症状の改善はどの程度期待できるのか.第169回日本肺癌学会関東支部会(東京),2014/3/8[一般口演]
  9. 芹澤 徹:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 JLGK0901を中心に.第11回阿賀北地区脳外研究会 (新潟),2014/5/30[招待講演]
  10. 芹澤 徹:小脳橋角部腫瘍に対するガンマナイフ治療〜聴神経腫瘍を中心に〜.第68回関東脳神経外科懇話会(東京),2014/6/7[教育講演]
  11. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,平井 達夫,芝本 雄太:一般演題「ガンマナイフ・症例」.第23回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2014/6/14[座長]
  12. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,平井 達夫,芝本 雄太:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後,水頭症発生の危険因子の検討.第23回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2014/6/14[一般口演]
  13. 樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍の自然歴に関する検討:T2*image と腫瘍増大.第23回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2014/6/14[一般口演]
  14. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,町田 利生,小野 純一,山上 岩男,佐伯 直勝:高齢者の聴神経腫瘍に対する定位放射線治療.第23回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2014/6/14[一般口演]
  15. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝,平井 達夫:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後シャント術を必要とした水頭症の危険因子の検討.第26回日本頭蓋底外科学会(千葉),2014/6/20[一般口演]
  16. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,石毛 聡,町田 利生,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍における術後残存腫瘍に対する定位放射線治療のタイミング −速やかな腫瘍縮小が得られたのは−.第26回日本頭蓋底外科学会(千葉),2014.6.20[一般口演]
  17. 本島 卓幸,樋口 佳則,廣野 誠一郎,永野 修,芹澤 徹,小野 純一,山上 岩男,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療後聴神経腫瘍の病理像の検討.第26回日本頭蓋底外科学会(千葉),2014/6/20[一般口演]
  18. 芹澤 徹:肺癌脳転移に対する定位放射線治療におけるBSBMの有用性.第170回日本肺癌学会関東支部会(東京),2014.6.21[一般口演]
  19. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:肺癌脳転移症例における錐体路tractography を利用した定位放射線治療.第170回日本肺癌学会関東支部会(東京),2014/6/21[一般口演]
  20. 芹澤 徹:良性腫瘍・血管性病変2.第23回日本定位放射線治療学会(大阪),2014.6.27[座長]
  21. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,宮川 聡史,小野 純一,佐伯 直勝,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における原病死と神経死を独立して予測可能な grading system.第23回日本定位放射線治療学会(大阪),2014.6.27[シンポジウム]
  22. 山本 昌昭,芹澤 徹,周藤 高,赤羽 敦也:多発性脳転移に対するガンマナイフ治療に関する多施設前向き共同研究(JLGK0901):治療の標準化はなされたか?.第23回日本定位放射線治療学会(大阪),2014/6/27[シンポジウム]
  23. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,奥山 翼,石毛 聡,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍の術後残存腫瘍に対する定位放射線治療−治療時期での比較−.第23回日本定位放射線治療学会(大阪),2014/6/27[一般口演]
  24. 宮川 聡史,竹本 真也,大塚 信哉,芝本 雄太,芹澤 徹,平井 達夫:多発転移性脳腫瘍に対する低線量ガンマナイフ治療併用全脳照射とガンマナイフ治療単独の治療成績の比較.第23回日本定位放射線治療学会(大阪),2014/6/27[一般口演]
  25. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:ガンマナイフで治療を行った突発性三叉神経痛症例数の推移.第23回日本定位放射線治療学会(大阪),2014/6/27[ポスター]
  26. 芹澤 徹,永野 修:乳癌脳転移に対する定位放射線治療における各種gradingの有用性の検証.第22回日本乳癌学会学術総会(大阪),2014/7/11[ポスター]
  27. 永野 修,芹澤 徹:乳癌脳転移症例における全脳照射後の再発病変に対する定位放射線治療.第22回日本乳癌学会学術総会(大阪),2014/7/11[ポスター]
  28. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 JLGK0901研究を中心に.大学腫瘍内科カンファレンス(千葉),2014/7/30[招待講演]
  29. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.エーザイ社内研修会(東京),2014.8.6[招待講演]
  30. 芹澤 徹:生命予後と神経予後を同時に予測可能は脳転移grading systemの提案 A new grading system in stereotactic radiosurgery for brain metastases predicting neurological outcomes independently of life expectancy.第52回日本癌治療学会学術集会(横浜),2014.8.29[一般口演]
  31. 芹澤 徹:特別講演U 三叉神経痛に対するガンマナイフの有効性と限界.第9回明日のガンマナイフを担う会(千葉),2014/9/6[座長]
  32. 芹澤 徹:どのような脳転移患者に ガンマナイフ再治療のリスクが高いか?.第9回明日のガンマナイフを担う会(千葉),2014/9/5[一般口演]
  33. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療において原病死と神経死を独立し予測可能なgrading system の提案.日本脳神経外科学会第73回学術総会(東京),2014/10/11[一般口演]
  34. 山本 昌昭,芹澤 徹,周藤 高,赤羽 敦也,樋口 佳則,川岸 潤,山中 一浩,佐藤 泰憲,城倉 英史,四方 聖二,永野 修,祁内 博行,森木 章人,鈴木 聡,木田 義久,岩井 謙育:脳神経外科領域における医師主導臨床研究−科学性,倫理性,透明性をいかに担保したか.日本脳神経外科学会第73回学術総会(東京),2014.10.10[特別企画]
  35. 周藤 高,山本 昌昭,芹澤 徹,赤羽 敦也,樋口 佳則,川岸 潤,山中 一浩,佐藤 泰憲,城倉 英史:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績(JLGK0901) Case-matching study.日本脳神経外科学会第73回学術総会(東京),2014.10.10[シンポジウム]
  36. 永野 修,芹澤 徹,小南 修史,樋口 佳則,奥山 翼,青柳 京子,石毛 聡,町田 利生,小林 士郎:小さな脳動静脈奇形に対するわれわれの治療戦略−塞栓術を併用した定位放射線治療成績−.日本脳神経外科学会第73回学術総会(東京),2014.10.10[一般口演]
  37. 芹澤 徹:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療のエビデンス.日本医科大学千葉北総病院(千葉),2014/11/5[招待講演]
  38. 芹澤 徹,永野 修:肺癌脳転移に対する定位放あり射線治療における神経機能予後予測スコアーの提案.第55回日本肺癌学会学術総会(京都),2014/11/16[一般口演]
  39. 芹澤 徹:JLGK0901研究グループ 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績(JLGK0901 Study)肺癌症例におけるサブセット解析.第55回日本肺癌学会学術総会(京都),2014/11/16[一般口演]
  40. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:肺癌症例における直径2.5p以上の脳転移巣に対する寡分割定位放射線治療の効果.第55回日本肺癌学会学術総会(京都),2014/11/16[ポスター]
  41. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,宮川 聡史,芝本 雄太:脳転移に対するSRSにおいて原病死と神経死を予測可能な新grading system.日本放射線腫瘍学会第27回学術大会(横浜),2014/12/11[一般口演]
  42. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍症例における各種grading system の有用性について.日本放射線腫瘍学会第27回学術大会(横浜),2014/12/11[一般口演]
  43. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,平井 達夫,宮川 聡史,芝本 雄太,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療において生命予後と神経機能予後を同時に予測可能な新grading systemの提案.第44回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2014.12.14[一般口演]
  44. 永野 修,芹澤 徹,奥山 翼,青柳 京子,石毛 聡,町田 利生,樋口 佳則,小野 純一:転移性脳腫瘍症例における各種grading system の有用性について.第44回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2014.12.14[一般口演]

  2013年1月〜12月

【論文】

  1. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Yasunori Sato, Masaaki Yamamoto, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Akifumi Miyakawa, Tatsuo Hirai: Analysis of 2000 cases treated with gamma knife surgery: validating eligibility criteria for a prospective multi-institutional study of stereotactic radiosurgery alone for treatment of patients with 1-10 brain metastases (JLGK0901) in Japan: Journal of Radiosurgery and SBRT. 2: 19-27, 2012
  2. Masaaki Yamamoto, Toru Serizawa, Yasunori Sato, Takuya Kawabe, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Bierta E. Barfod, Junichi Ono, Hidetoshi Kasuya, Yoichi Urakawa: Validity of two recently-proposed prognostic grading indices for lung, gastro-intestinal, breast and renal cell cancer patients with radiosurgically-treated brain metastases: Journal of Neuro-Oncology. 111: 327-335 2013
  3. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano: Stereotactic Radiosurgery of Brain Metastases: Intracranial Stereotactic Radiosurgery. 2013, pp. 597-603
  4. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,佐伯 直勝,小野 純一,平井 達夫:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の最新の知見.脳神経外科速報 23(no4): 421-430, 2013
  5. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,松田 信二,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱  Qualitative Survival Score (QSS)の有用性.定位的放射線治療 17: 21-29, 2013
  6. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳 京子,松田 信二,小野 純一,平井 達夫,岩立 康男,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療:最適な分割回数に関する検討.定位的放射線治療 17: 31-36, 2013
  7. 芹澤 徹:脳転移に対するガンマナイフ治療.チームで取り組む乳がん放射線療法 2013, pp.160-161.
  8. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,小南 修史,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝:脳動静脈奇形と硬膜脳動静脈瘻に対する定位放射線治療の役割.脳神経外科ジャーナル 22(12): 917-926, 2013

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa: Radiosurgery: 16th World Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery. Tokyo, 2013/5/28 [Moderator]
  2. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Tatsuo Hirai: A new grading system focusing on functional preservation for brain metastasis patients treated with stereotactic radiosurgery: 16th World Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery. Tokyo, 2013/5/28 [Oral]
  3. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yoshinori Higuchi, Yasunori Sato, Jun Kawagishi, Takashi Shuto, Kazuhiro Yamanaka, Atsuya Akabane, Hidefumi Jokura, Shoji Yomo: A prospective multi-institute observational study of gamma knife alone treatment for 1-10 brain metastases (JLGK0901) Has evidence for the efficacy of SRS for 5-10 brain metastases been established?: 11th Intenational Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Toronto, 2013/6/17 [Plenary]
  4. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Tatsuo Hirai, Akifumi Miyakawa, Yuta Shibamoto: A new grading system focusing on functional preservation for brain metastasis patients treated with gamma knife surgery: 11th Intenational Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Toronto, 2013/6/17 [Plenary]
  5. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Takuya Kawabe, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Validity test of the modified recursive partitioning analysis for brain metastases cases from breast cancer treated radiosurgically: 11th Intenational Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Toronto, 2013/6/17 [Oral]
  6. Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Takashi Shuto, Atsuya Akabane, Yasunori Sato, Jun Kawagishi, Kazuhiro Yamanaka, Masaaki Yamamoto: Neurocognitive function of patients with brain metastases following gamma knife surgery: interim monitoring report of JLGK0901: 11th Intenational Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Toronto, 2013/6/17 [Plenary]
  7. Masaaki Yamamoto, Toru Serizawa, Yasunori Sato, Takuya Kawabe, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Bierta E. Barfod, Junichi Ono, Hidetoshi Kasuya, Yoichi Urakawa: Validity of two recently-proposed prognostic grading indices for lung, gastro-intestinal, breast and renal cell cancer patients with radiosurgically-treated brain metastases: 11th Intenational Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Toronto, 2013/6/18 [Oral]
  8. Hideyuki Kano, Takashi Shuto, Yoshiyasu Iwai, Jason Sheehan, Masaaki Yamamoto, William H. McBride, Mitsuya Sato, Toru Serizawa, Douglas S. Kondziolka, L. Dade Lunsford Stereotactic radiosurgery for intracranial hemangioblastomas: an internatioal multicenter study: 11th Intenational Stereotactic Radiosurgery Society Congress. Toronto, 2013/6/18 [Oral]
  9. 芹澤 徹:頭蓋底腫瘍・良性腫瘍(シンポジウム).第4回日本放射線外科学会(名古屋),2013/1/19[座長]
  10. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍におけるガンマナイフ治療後の再発病変に対する治療法−2ndガンマナイフ治療の成績−.第4回日本放射線外科学会(名古屋),2013/1/19[一般口演]
  11. 芹澤 徹:パネルディスカッション:ガンマナイフ治療におけるイノベーション〜新時代への航海へ備える〜.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/2[座長]
  12. 芹澤 徹:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 (JLGK0901) .第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/2[シンポジウム]
  13. 永野 修,芹澤 徹,平井 達夫:New Gamma Knife Technique: 頚髄病変への挑戦.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[シンポジウム]
  14. 平井 達夫,芹澤 徹,平井 崇久:振戦に対するガンマナイフ視床治療.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[一般口演]
  15. 木原 一徳,芹澤 徹,佐藤 幹,荷堂 謙,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,永野 修,佐伯 直勝,山上 岩男:聴神経腫瘍症例におけるGaze-Evoked Tinnitus.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[一般口演]
  16. 中崎 清之,樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹:全脳照射後の非小細胞肺癌転移性脳腫瘍へのガンマナイフ治療の予後因子の検討.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[一般口演]
  17. 河合 秀哉,芹澤 徹,永野 修,石川 達哉,安井 信之:側脳室三角部髄膜腫に対するガンマナイフ治療.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[一般口演]
  18. 本島 貞幸,樋口 佳則,永野 修,藤川 厚,町田 利生,松田 信二,芹澤 徹,山上 岩男,佐伯 直勝,小野 純一:ガンマナイフ治療後の聴神経腫瘍縮小に伴い三叉神経痛が出現増悪した1例.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[一般口演]
  19. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療後に見られる三叉神経根萎縮の検討.第15回日本ガンマナイフ研究会(東京),2013/2/3[一般口演]
  20. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療とは.Expertdoctors 特別講演会(東京),2013/3/8[招待講演]
  21. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修:ガンマナイフ治療を行った肺癌転移性脳腫瘍症例におけるModified RPA分類の検証.第166回日本肺癌学会関東支部会(東京),2013/3/16[一般口演]
  22. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:肺癌脳転移巣におけるガンマナイフ治療後の再発病変に対する治療法−ガンマナイフによる追加照射の成績−.第166回日本肺癌学会関東支部会(東京),2013/3/16[一般口演]
  23. 芹澤 徹:一般演題(ポスター)「AVM P」.第38回日本脳卒中学会総会(東京),2013/3/22[座長]
  24. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,本島 貞幸,藤川 厚,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:脳動静脈奇形症例におけるガンマナイフ治療後の晩発性放射線障害について.第38回日本脳卒中学会総会(東京),2013/3/23[一般口演]
  25. 芹澤 徹:放射線療法/転移性脳腫瘍.第120回日本脳神経外科学会関東支部学術集会(東京),2013/4/20[座長]
  26. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,佐伯 直勝,小野 純一:脳動静脈奇形と硬膜動静脈瘻に対する定位放射線治療.第33回日本脳神経外科コングレンス総会(大阪),2013/5/11[教育講演プレナリーセッション]
  27. 芹澤 徹:シンポジウム 転移性脳腫瘍に対する線量分割法.第22回日本定位放射線治療学会(三重),2013/5/24[座長]
  28. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における各種gradingの検証.第22回日本定位放射線治療学会(三重),2013/5/25[一般口演]
  29. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績-前向き多施設共同研究 (JLGK0901):Part 2, Secondary endpoint analyses .第22回日本定位放射線治療学会(三重),2013/5/25[一般口演]
  30. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,平井 達夫,芝本 雄太:聴神経腫瘍に対するガンマナイフModel B, C, Perfexionにおける治療計画の差 〜第二報〜.第22回日本聴神経腫瘍研究会 (東京),2013/6/8[一般口演]
  31. 木原 一徳,山上 岩男,佐藤 幹,荷堂 謙,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,佐伯 直勝,芹澤 徹,永野 修:聴神経腫瘍症例におけるGaze-Evoked Tinnitus Gaze-Evoked Tinnitus in Acoustic Neurinoma Patients.第22回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2013/6/8[一般口演]
  32. 樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹,本島 卓二,小野 純一,山上 岩男,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療後腫瘍コントロールが良好であった聴神経腫瘍の病理像.第22回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2013/6/8[一般口演]
  33. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍の術後残存病変におけるガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化.第22回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2013/6/8[一般口演]
  34. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:JLGK0901 studyからみた転移性脳腫瘍に対する定位放射線単独治療のエビデンス.第21回日本乳癌学会学術総会(浜松),2013/6/28[シンポジウム]
  35. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:脳転移に対する定位放射線治療後の神経機能温存の観点から乳癌独自のScoreの提唱.第21回日本乳癌学会学術総会(浜松),2013/6/28[ポスター]
  36. 永野 修,芹澤 徹:乳癌脳転移症例における定位放射線治療時のnew grading の有用性について.第21回日本乳癌学会学術総会(浜松),2013/6/28[ポスター]
  37. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の良い適応と限界.東京医科歯科大学キャンサーボード(東京),2013/7/18[招待講演]
  38. 芹澤 徹:フレーム装着 座位・臥位,あなたはどちら派?.第8回明日のガンマナイフを担う会(広島),2013/8/23[教育講演]
  39. 芹澤 徹:世紀のメス ガンマナイフ.麻布学園総合講義(東京),2013/9/14[教育講演]
  40. 芹澤 徹:一般ポスター059「転移性脳腫瘍 放射線治療2」.日本脳神経外科学会第72回学術総会(横浜),2013/10/17[座長]
  41. 芹澤 徹:神経機能温存の観点からみた転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療の適応と限界.日本脳神経外科学会第72回学術総会(横浜),2013/10/17[シンポジウム]
  42. 芹澤 徹:多発性脳転移に対するガンマナイフ治療:JLGK0901 Studyを中心に.日本脳神経外科学会第72回学術総会(横浜),2013/10/17[ランチョンセミナー]
  43. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,宮川 聡史,芝本 雄太:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における各種gradingの検証.日本放射線腫瘍学会 第26回学術大会(青森),2013/10/20[一般口演]
  44. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:比較的大きな転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療:線量分割法の検討.日本放射線腫瘍学会 第26回学術大会(青森),2013/10/20[一般口演]
  45. 芹澤 徹,The JLGK0901 Study Group 日本ガンマナイフ研究会:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 前向き多施設共同研究.第51回日本癌治療学会学術集会(京都),2013/10/24[優秀演題]
  46. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,佐伯 直勝,佐藤 泰憲,JLGK0901 study group:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績-前向き多施設共同研究 (JLGK0901)最終結果報告:Part 2, Secondary endpoint analyses.第43回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2013/11/17[一般口演]
  47. 永野 修,樋口 佳則,芹澤 徹,佐伯 直勝,佐藤 泰憲,JLGK0901 study group:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績-前向き多施設共同研究 (JLGK0901)最終結果報告:Part 1, Primary endpoint analyses.第43回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2013/11/17[一般口演]
  48. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,佐伯 直勝,佐藤 泰憲,JLGK0901 study group:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績-前向き多施設共同研究 (JLGK0901)最終結果報告:Part 3, MMSE and ARE analyses.第43回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2013/11/17[一般口演]
  49. 廣野 誠一郎,岩立 康男,松谷 智朗,樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹,佐伯 直勝:中枢神経原発悪性リンパ腫に対する大量メソトレキセート療法を併用した定位放射線治療.第43回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2013/11/17[一般口演]
  50. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:定位放射線治療を施行した肺癌脳転移患者におけるQualitative Survival Score (QSS)の検証 小細胞癌と非小細胞癌の比較.第54回日本肺癌学会総会(東京),2013/11/22[一般口演]
  51. 芹澤 徹,JLGK0901 Study Group:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績−前向き多施設共同研究 Part U; Secondary endpoint 解析.第54回日本肺癌学会総会(東京),2013/11/22[一般口演]
  52. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:脳転移による神経症状を有する少数個脳転移に対する定位放射線治療の治療成績.第54回日本肺癌学会総会(東京),2013/11/22[一般口演]
  53. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:非小細胞肺癌脳転移症例におけるガンマナイフ治療後の再発病変への治療:ガンマナイフによる再照射の検討.第54回日本肺癌学会総会(東京),2013/11/22[一般口演]
  54. 山本 昌昭,芹澤 徹,永野 修:Validities of two recently-proposed prognostic grading indices for brain metastasis(BM)patients.第54回日本肺癌学会総会(東京),2013/11/22[一般口演]
  55. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:肺癌脳転移に対する定位放射線治療における総腫瘍体積が神経機能温存におよぼす影響.第168回日本肺癌学会関東支部会(東京),2013/12/7[一般口演]
  56. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:3テスラMRIの実力:肺癌脳転移症例での経験.第168回日本肺癌学会関東支部会(東京),2013/12/7[一般口演]
  57. 芹澤 徹,永野 修:定位放射線治療を施行した乳癌脳転移症例における予後規定因子.第10回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2013/12/7[一般口演]
  58. 永野 修,芹澤 徹:乳癌脳転移症例へのガンマナイフ治療:全脳照射後の再発病変に対する治療効果.第10回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2013/12/7[一般口演]

  2012年1月〜12月

【論文】

  1. Chihiro Ohye, Yoshinori Higuchi, Toru Shibazaki, Takao Hashimoto, Toru Koyama, Tatsuo Hirai, M Shinji Matsuda, Toru Serizawa, Tomokatsu Hori, Motohiro Hayashi, Taku Ochiai, Hirofumi Samura, Katsumi Yamashiro: Gamma Knife Thalamotomy for Parkinson Disease and Essential Tremor: A Prospective Multicenter Study. Neurosurgery 70: 526-536, 2012
  2. Toru Serizawa, YoShinori Higuchi, Osamu Nagano, Tatsuo Hirai, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Akifumi Miyakawa: Testing different brain metastasis grading systems in stereotactic radiosurgery: Radiation Therapy Oncology Group's RPA, SIR, BSBM, GPA, and modified RPA. 117: 31-37, 2012
  3. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Yasunori Sato, Masaaki Yamamoto, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Akifumi Miyakawa, Tatsuo Hirai:Analysis of 2000 cases treated with gamma knife surgery: validating eligibility criteria for a prospective multi-institutional study of stereotactic radiosurgery alone for treatment of patients with 1-10 brain metastases (JLGK0901) in Japan: Journal of Radiosurgery and SBRT, 2012/12/31
  4. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,松田 信二,小野 純一,佐伯 直勝:5個以上の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療の有用性と限界.定位的放射線治療 16: 55-63, 2012
  5. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,青柳 京子,藤川 厚,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍におけるガンマナイフ治療後の一過性膨大は制御できるのか−関連因子の検討−.定位的放射線治療 16: 31-35, 2012
  6. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療不適応に対する微小血管減圧術追加治療の意義.ガンマナイフ再治療と比較して.定位的放射線治療 16: 87-95, 2012
  7. 大塚信哉,竹本 真也,宮川 聡史,小崎 桂,岩田 宏,芝本 雄太,波多野 学,平井 達夫,芹澤 徹:STI後局所再発脳転移に対する再照射例の検討.Japanese Journal of Radiology 30: 1-36, 2012

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki,Tatsuo Hirai, Masaaki Yamamoto: What is the best grading system in stereotactic radiosurgery for brain metastases, RTOG-RPA, SIR,BSBM, GPA or a modified RPA?. The16th International Leksell Gamma Knife Society(Sydney), 2012/3/27 [Oral]
  2. Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Takashi Shuto, Astuya Akabane, Yasunori Sato, Jun Kawagishi, Kazuhiro Yamanaka, Naokatsu Saeki: Prospective Multi-institute Study of Gamma Knife Radiosurgery Alone Treatment for Patients with 1-10 Brain Metastases (JLGK0901): Interim Monitoring Report. The16th International Leksell Gamma Knife Society(Sydney), 2012/3/27 [Oral]
  3. Yoshinori Higuchi, Chihiro Ohye, Toru Shibazaki, Takao Hashimoto, Toru Koyama, Tatsuo Hirai, Shinji Matsuda, Toru Serizawa, Tomokatsu Hori, Motohiro Hayashi, Taku Ochiai, Hirofumi Samura, Katsumi Yamashiro: Gamma knife thalamotomy for Parkinson’s disease and essential tremor: A prospective multi-institutinal study in Japan. The16th International Leksell Gamma Knife Society(Sydney), 2012/3/29 [Oral]
  4. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Shushi Kominami, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Kyoko Aoyagi, Toshio Machida, Shiro Kobayashi, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Our treatment strategy of cerebr al arteriovenous malformation: safer radiosurg ery combined endovascular surg ery. The16th International Leksell Gamma Knife Society(Sydney), 2012/3/29 [Oral]
  5. Kiyoshi Nakazaki, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa: Efficacy and limitations of salvage gamma knife radiosurgery for treating brain metastases of small-cell lung cancer after whole-brain radiotherapy. The16th International Leksell Gamma Knife Society(Sydney), 2012/3/27 [Flash Oral Poster]
  6. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Tatsuo Hirai, Akifumi Miyakawa: A new grading system focusing on functional preservation for brain metastasis patients treated with gamma knife radiosurgery. The3rd Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society Taiwan, 2012/11/15 [Oral]
  7. Yoshinori Higuchi, Toru Shibazaki, Takao Hashimoto, Toru Koyama, Tatsuo Hirai, Shinji Matsuda, Toru Serizawa, Tomokatsu Hori, Motohiro Hayashi, Taku Ochiai, Hirofumi Samura, Katsumi Yamashiro: Gamma Knife thalamotomy for Intractable tremor. The3rd Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society Taiwan, 2012/11/16 [Oral]
  8. Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono: Long term results of Gamma knife surgery for trigeminal neuralgia. Over 2 years follow-up.The3rd Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society Taiwan, 2012/11/16 [Oral]
  9. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Shushi Kominami, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Shiro Kobayashi, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Treatment strategy of cerebral arteriovenous malformation: safer radiosurgery combined endovascular surgery. The3rd Meetinng of the Asian Leksell Gamma Knife Society Taiwan, 2012/11/18 [Oral]
  10. 芹澤 徹:血管障害.第3回日本放射線外科学会(大阪),2012/1/14[座長]
  11. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍+脳動静脈奇形・硬膜動静脈瘻.第2回ガンマナイフ治療計画勉強会(東京),2012/2/25[座長]
  12. 芹澤 徹,平井 達夫:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療における水戸千葉(MC)スコアーの検証.第2回ガンマナイフ治療計画勉強会(東京),2012/2/26[一般口演]
  13. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:ガンマナイフ治療後に転移性脳腫瘍はどのように縮小していくのか −GammaPlanTM の co-registration 機能を用いた検討−.第2回ガンマナイフ治療計画勉強会(東京),2012/2/26[一般口演]
  14. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修:肺癌脳転移に対する二分割ガンマナイフ治療成績.第163回 日本肺癌学会関東支部会(東京),2012/3/10[一般口演]
  15. 永野 修,小野 純一,芹澤 徹:直径2.5p以上の脳転移巣を有する非小細胞肺癌症例へのガンマナイフ治療:腫瘍制御および神経症状の改善はどの程度期待できるか.第163回 日本肺癌学会関東支部会(東京),2012/3/10[一般口演]
  16. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療〜JLGK0901研究からみたよい適応と限界〜.定位放射線治療セミナー(金沢),2012/4/20[招待講演]
  17. 永野 修,芹澤 徹,小南 修史,樋口 佳則,青柳 京子,藤川 厚,町田 利生,小林 士郎,小野 純一,佐伯 直勝:直径3p以下の小型AVMに対するガンマナイフ治療ー塞栓術を併用した安全な治療への取り組みー.第41回日本脳卒中の外科学会(福岡), 2012/4/27[シンポジウム]
  18. 芹澤 徹:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 前向き多施設共同(Japan Leksell Gamma Knife 0901)研究 .第21回日本定位放射線治療学会(前橋),2012/6/1[ランチョンセミナー]
  19. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,松田 信二,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱  Qualitative Survival Score (QQS)の有用性.第21回日本定位放射線治療学会(前橋),2012/6/1[シンポジウム]
  20. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,青柳 京子,町田 利生,小野 純一.佐伯 直勝:脳動静脈奇形におけるガンマナイフ治療後の長期follow upの必要性についてー晩発性放射線障害の観点から自験213例での検討ー.第21回日本定位放射線治療学会(前橋),2012/6/1[シンポジウム]
  21. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳 京子,平井 達夫,小野 純一,岩立 康男,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療:最適な分割回数に関する検討.第21回日本定位放射線治療学会(前橋),2012/6/1[シンポジウム]
  22. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ後に出現する三叉神経障害.第21回日本定位放射線治療学会(前橋),2012/6/1[シンポジウム]
  23. 宮川 聡史,大塚 信哉,小崎 桂,森 美雅,石倉 聡,芝本 雄太,竹本 真也,岩田 宏満,平井 達夫,芹澤 徹:ガンマナイフ治療後に局所再発した転移性脳腫瘍に対する分割定位放射線治療の成績.第21回日本定位放射線治療学会(前橋),2012/6/1[一般口演]
  24. 芹澤 徹:一般演題3.第21回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2012/6/9[座長]
  25. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,山上 岩男,小野 純一,佐伯 直勝,宮川 聡史,平井 達夫:Gamma Knife Model B, C, Perfexion における治療計画の差 〜Paddick’s Conformity Index と Gradient Index における検討〜.第21回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2012/6/9[一般口演]
  26. 樋口 佳則,永野 修,青柳 京子,芹澤 徹,田島 洋佑,山上 岩男,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療前後での聴神経腫瘍の体積変化.第21回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2012/6/9[一般口演]
  27. 山上 岩男,岡原 陽二,佐藤 幹,荷堂 謙,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹:聴神経腫瘍摘出後のGaze-Evoked Tinnitus.第21回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2012/6/9[一般口演]
  28. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と限界.第4回つくばSRT倶楽部研究会(つくば),2012/6/14[招待講演]
  29. 芹澤 徹:定位放射線治療からみた乳癌脳転移の特殊性.第20回日本乳癌学会学術総会(熊本),2012/6/28[ランチョンセミナー]
  30. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修:乳癌脳転移に対する定位放射線治療における各種 grading systemの有用性.第20回日本乳癌学会学術総会(熊本),2012/6/29[一般口演]
  31. 永野 修,芹澤 徹:神経症状で発見された乳癌脳転移症例へのガンマナイフ治療:直径2.5p以上の脳転移巣への取り組み.第20回日本乳癌学会学術総会(熊本),2012/6/28[ポスター]
  32. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修:RPA class T-U 肺癌脳転移症例に対するガンマナイフ治療後の神経機能温存.第164回日本肺癌学会関東支部会(東京),2012/7/7[一般口演]
  33. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,樋口 佳則:Staged Gamma Knife Radiosurgeryで治療したCavernous Sinus Hemangiomaの3例.第10回手術・放射線外科セミナー(東京),2012/7/21[一般口演]
  34. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,町田 利生,小野 純一:術後残存した聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療の追加時期について−術後5年で嚢胞形成を伴いながら増大し再手術を要した自験例での検討−.第10回手術・放射線外科セミナー(東京),2012/7/21[一般口演]
  35. 芹澤 徹:教育セミナーT.第7回明日のガンマナイフを担う会(岡山),2012/8/31[座長]
  36. 芹澤 徹:一般演題X.第7回明日のガンマナイフを担う会(岡山),2012/9/1[座長]
  37. 芹澤 徹:ガンマナイフの課題と将来展望〜われわれが明日に備えるべきこと〜.第7回明日のガンマナイフを担う会(岡山 ),2012/9/1[教育講演]
  38. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則: 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱〜Qualitative Survival Score(QSS)〜 .第7回明日のガンマナイフを担う会(岡山),2012/8/31[一般口演]
  39. 塙 由紀子,芹澤 徹:ガンマナイフ・フレーム装着時におけるペンタゾシンの有効性と問題点.第7回明日のガンマナイフを担う会(岡山),2012/8/31[一般口演]
  40. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療成績神経機能温存の観点から予後予測可能な新しいGrading Systemの提唱.日本脳神経外科学会第71回学術総会(大阪),2012/10/19 [シンポジウム]
  41. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,本島 貞幸,藤川 厚,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝: ガンマナイフ治療後の脳動静脈奇形症例での長期経過観察の重要性について ー晩発性放射線障害の観点からー.日本脳神経外科学会第71回学術総会(大阪),2012/10/18[一般口演]
  42. 木原 一徳,山上 岩男,佐藤 幹,荷堂 謙,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,佐伯 直勝,芹澤 徹,永野 修:聴神経鞘腫症例におけるGaze-Evoked Tinnitus.日本脳神経外科学会第71回学術総会(大阪),2012/10/19[一般口演]
  43. 荻野 暁義,平井 達夫,吉野 篤緒,芹澤 徹,福島 崇夫,山室 俊,谷地 一成,太田 隆,渡邉 学 ,片山 容一:子宮癌脳転移に対するガンマナイフ治療.日本脳神経外科学会第71回学術総会(大阪),2012/10/17[ポスター]
  44. 山上 岩男,木原 一徳,佐藤 幹,荷堂 謙,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,佐伯 直勝,芹澤 徹,永野 修:小さな聴神経鞘腫における聴力を温存した腫瘍摘出術 −手術手技の要点−.日本脳神経外科学会第71回学術総会(大阪),2012/10/17[ポスター]
  45. 小南 修史,鈴木 雅規,渡辺 玲,永野 修,芹澤 徹,小林 士郎:ガンマナイフ治療との組み合わせを前提とした脳動静脈奇形の塞栓術.日本脳神経外科学会第71回学術総会(大阪),2012/10/19[ポスター]
  46. 芹澤 徹:脳転移に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱.第50回日本癌治療学会学術集会(横浜),2012/10/26[一般口演]
  47. 芹澤 徹:最新鋭機レクセルガンマナイフパーフェクションの臨床と治療展望(仮題).沖縄セントラル病院PFX導入記念講演会(沖縄),2012/11/4[招待講演]
  48. 芹澤 徹,永野 修,平井 達夫:肺癌脳転移に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱.第53回日本肺癌学会総会(岡山),2012/11/8[一般口演]
  49. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:直径3p以上の大きな嚢胞性脳転移巣に対するガンマナイフ治療:嚢胞穿刺術を併用した治療経験.第53回日本肺癌学会総会(岡山),2012/11/8[一般口演]
  50. 中崎 清之,樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹:全脳照射後の肺小細胞癌脳転移に対するガンマナイフ治療の効果と限界.第53回日本肺癌学会総会(岡山),2012/11/8[一般口演]
  51. 芹澤 徹,芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,宮川 聡史:転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における新しいGradingの提唱.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会(東京),2012/11/25[要望演題]
  52. 宮川 聡,大塚 信哉,小崎 桂,森 美雅,石倉 聡,芝本 雄太,岩田 宏満,竹本 真也,平井 達夫,芹澤 徹:ガンマナイフ治療後に局所再発した転移性脳腫瘍に対する分割定位放射線治療の成績.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会(東京),2012/11/23[一般口演]
  53. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,川崎 康平,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療後の転移性脳腫瘍の縮小について−ADC map を用いた予測−.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会(東京),2012/11/24[一般口演]
  54. 芹澤 徹:扁桃ヘルニアを来した後頭蓋窩多発乳癌脳転移に二分割ガンマナイフ照射が奏功した2例.第9回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2012/12/1[一般口演]
  55. 永野 修,芹澤 徹:神経症状を有する乳癌脳転移症例へのガンマナイフ治療:直径2.5p以上の脳転移巣への対処法.第9回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2012/12/1[一般口演]
  56. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第464回日本医科大学医学会特別講演会(千葉),2012/12/7[招待講演]
  57. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修:ガンマナイフ治療を施行した肺癌脳転移RTOG-RPA Class II 症例おける神経機能温存スコアー(QSS)の有用性.第165回日本肺癌学会関東支部会(東京),2012/12/8[一般口演]
  58. 永野 修,芹澤 徹,小野 純一:直径3p以上の嚢胞性脳転移巣に対して嚢胞穿刺術を併用したガンマナイフ治療 Gamma Knife Radiosurgery for large cystic brain metastases from lung cancer combined with cyst puncture. .第165回日本肺癌学会関東支部会(東京),2012/12/8[一般口演]
  59. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,佐藤 泰憲,平井 達夫,宮川 聡史,小野 純一,佐伯 直勝,芝本 雄太:神経機能温存を重視した転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における新しいGrading.第42回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2012/12/16[一般口演]
  60. 永野 修,芹澤 徹,本島 卓幸,藤川 厚,町田 利生,樋口 佳則,小野 純一:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療:長期経過観察例から得た教訓.第42回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2012/12/16[一般口演]
  61. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一,佐伯 直勝:全国規模の研究の紹介(JLGK0901研究).第42回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2012/12/16[一般口演]

  2011年1月〜12月

【論文】

  1. 芹澤 徹,樋口 佳則,佐伯 直勝,永野 修,小野 純一:非小細胞肺癌の多発脳転移に対するガンマナイフ治療−Pro−.腫瘍内科 7(6) : 563-572, 2011
  2. 芹澤 徹,小出 里佳:ガンマナイフ.新看護観察のキーポイントシリーズ 脳神経外科 2011, pp. 221-226
  3. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳 京子,沖山 幸一,小野 純一,松田 信二,佐藤 真人,岩立 康男,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療の適応と限界.定位放射線治療学会 15: 7-12, 2011

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Yoshinori Higuchi, Takuya Kawabe, Osamu Nagano, Tatsuo Hirai, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Stereotactic radiosurgery alone for patients with multiple brain metastases: Retrospective review in two gamma knife centers of 1508 eligible cases meeting the multi-institutional prospective study (JLGK0901) inclusion criteria. 10th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress(Paris), 2011/5/9 [Oral]
  2. Shinji Matsuda, Toru Serizawa, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono: Results of rescue microvascular decompression after unsuccessful gamma knife surgery for medically intractable trigeminal neuralgia: In comparison with those of second gamma knife surgery. 10th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress(Paris), 2011/5/9 [Oral]
  3. Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Shinji Matsuda, Makoto Sato, Kyoko Aoyagi, Koichi Okiyama, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Results of three-session gamma knife treatment for large metastatic brain tumor. 10th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress(Paris), 2011/5/9 [Poster]
  4. Toru Serizawa: Tumor. The 8th Scientific Meeting for the Asian Australasian Society of Stereotactic & Functional Neurosurgery(AASSFN) in 2011(jeju), 2011/6/16 [Chair (invitee)]
  5. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Yoshinori Higuchi, Takuya Kawabe, Osamu Nagano, Manabu Hatano, Tatsuo Hirai, Junichi Ono, Naokatsu Saek: A prospective multi-institute study of gamma knife radiosurgery for multiple brain metastases -JLGK0901 study-. The 8th Scientific Meeting for the Asian Australasian Society of Stereotactic & Functional Neurosurgery(AASSFN) in 2011(jeju), 2011/6/16 [Luncheon Seminar (invitee)]
  6. 芹澤 徹:傍トルコ鞍部腫瘍に対する定位放射線治療〜晩発性放射線障害の観点から〜.第21回日本間脳下垂体腫瘍学会(東京),2011/3/11[ランチョンセミナー]
  7. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,野村 亮太,藤川 厚,町田 利生,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:傍鞍部髄膜腫におけるガンマナイフ治療後の体積変化について:治療後5年間の評価.第21回日本間脳下垂体腫瘍学会(東京),2011/3/11[シンポジウム]
  8. 芹澤 徹:全脳照射後の小細胞肺癌脳転移症例に対する定位放射線治療成績,第160回 日本肺癌学会関東支部会(東京),2011/3/12[一般口演]
  9. 芹澤 徹:ガンマナイフ.第20回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2011/6/4[座長]
  10. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の一過性膨大の危険因子の検討.第20回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2011/6/4[一般口演]
  11. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,青柳 京子,沖山 幸一,小野 純一,山上 岩男,佐伯 直勝:中型聴神経鞘種に対するガンマナイフ治療後の経過について.第20回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2011/6/4[一般口演]
  12. 樋口 佳則,田島 洋佑,山上 岩男,永野 修,芹澤 徹,佐伯 直勝:造影剤を用いないMRIによる聴神経腫瘍の体積評価.第20回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2011/6/4[一般口演]
  13. 山上 岩男,岡原 陽二,荷堂 謙,佐藤 幹,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹:聴力温存手術における聴力モニタリングの現状と課題:CNAPとABR.第20回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2011/6/4[一般口演]
  14. 岡原 陽二,山上 岩男,福田 和正,佐藤 幹,荷堂 謙,中村 孝雄,樋口 佳則,永野 修,芹澤 徹:聴神経腫瘍摘出術後の遅発性髄液漏:術後5年経過し発症した1例.第20回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2011/6/4[一般口演]
  15. 芹澤 徹,平井 達夫:偶然発見された小さな未破裂AVMに対する治療選択 臨床判断分析を用いた検討.第20回日本脳ドック学会総会(東京),2011/7/8[一般口演]
  16. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.藤元早鈴病院 ガンマナイフセンター Gamma Knife Perdexion 導入記念学術講演会(宮崎),2011/7/23[招待講演]
  17. 芹澤 徹:一般演題3:脳転移.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29[座長]
  18. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,松田 信二,平井 達夫,波多野 学,小野 純一,佐伯 直勝:5個以上の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の有用性と限界.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29 [シンポジウム]
  19. 樋口 佳則,川岸 潤,佐藤 泰憲,芹澤 徹,赤羽 敦也,周藤 高,山中 一浩,山本 昌昭:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療における認知機能への影響:JLGK0901登録症例の解析から.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29[シンポジウム]
  20. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療不適応に対する微小血管減圧術追加治療の意義.ガンマナイフ再治療と比較して.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29[シンポジウム]
  21. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,松田 信二,平井 達夫,波多野 学,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対するSRSにおける各種gradingの有用性の検討.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29[一般口演]
  22. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍におけるガンマナイフ治療後の腫瘍縮小についてーGamma Plan TM の coregistration 機能を用いた検討ー.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29[一般口演]
  23. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍におけるガンマナイフ治療後の一過性膨大は制御できるのか−関連因子の検討−.第20回日本定位放射線治療学会(名古屋),2011/7/29[一般口演]
  24. 芹澤 徹,永野 修,山本 昌昭,川辺 拓也:乳癌脳転移症例のRecursive Partitioning Analysis (RPA)classUに対する新たなgrading system の検討.第19回日本乳癌学会学術総会(仙台),2011/9/4[一般口演]
  25. 芹澤 徹:定位放射線治療.日本脳神経外科学会第70回学術総会(横浜),2011/10/12[座長]
  26. 芹澤 徹:Radiosurgically high grade AVM に対するわれわれの治療戦略 塞栓術の併用による安全なガンマナイフ治療を目指して.日本脳神経外科学会第70回学術総会(横浜),2011/10/14[シンポジウム]
  27. 永野 修,樋口 佳則,芹澤 徹,青柳 京子,足立 明彦,藤川 厚,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:多発性転移性脳腫瘍に対する腫瘍制御の向上を目指して 転移性脳腫瘍2000症例のガンマナイフ治療経験からわれわれの工夫.日本脳神経外科学会第70回学術総会(横浜),2011/10/13[シンポジウム]
  28. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳 京子,町田 利生,小野 純一,岩立 康男,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する脳神経外科医の役割ー比較的大きな転移巣および定位放射線治療後制御不良病変への対応ー.日本脳神経外科学会第70回学術総会(横浜),2011/10/12[一般口演]
  29. 浦川 陽一,山本 昌昭,佐藤 泰憲,芹澤 徹,川邊 拓也,樋口 佳則,永野 修,Barfod Bierta:A Sub-Classification of Recursive Partitioning Analysis(RPA) Class U patients with Radiosurgically-treated Brain Metastases.日本脳神経外科学会第70回学術総会(横浜),2011/10/13[一般口演]
  30. 荻野 暁義,平井 達夫,吉野 篤緒,芹澤 徹,谷地 一成,太田 隆,福島 崇夫,渡邉 学,片山 容一:肝細胞癌脳転移に対するガンマナイフ治療.日本脳神経外科学会第70回学術総会(横浜),2011/10/14[ポスター]
  31. 芹澤 徹:世紀のメス ガンマナイフ 放射線治療の今後の展望.麻布学園平成23年度リレー講座(東京),2011/10/22[教育講演]
  32. 芹澤 徹,永野 修:Validity Test of A New Index for RPA Class II patients with Brain Metastases from Lung Cancer.第52回日本肺癌学会総会(大阪),2011/11/3[一般口演]
  33. 芹澤 徹,永野 修:寡数個の肺癌脳転移に対する定位放射線治療成績 小細胞肺癌と非小細胞癌との比較.第52回日本肺癌学会総会(大阪),2011/11/4[一般口演]
  34. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,青柳 京子,町田 利生,小野 純一,佐伯 直勝:神経症状にて発症した非小細胞肺癌脳転移症例へのガンマナイフ治療:直径2.5p以上の脳転移巣への取り組み.第52回日本肺癌学会総会(大阪),2011/11/3[ポスター]
  35. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,波多野 学:転移性脳腫瘍に対するSRSにおける各種grading systemの有用性の比較.日本放射線腫瘍学会第24回学術大会(神戸),2011/11/17[一般口演]
  36. 芹澤 徹,平井 達夫:症候性肺癌脳幹転移に対するガンマナイフ治療成績.第162回 日本肺癌学会関東支部会(東京),2011/12/3[一般口演]
  37. 芹澤 徹:乳癌脳転移に対する定位放射線治療における各種gradingの有用性の検討.第8回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2011/12/3[一般口演]
  38. 芹澤 徹:転移性腫瘍(2).第116回日本脳神経外科学会関東支部学術集会(東京),2011/12/10[座長]
  39. 芹澤 徹,小南 修史,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,小林 士郎,小野 純一,佐伯 直勝:Radiosurgically high risk AVMに関する治療戦略.第41回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2011/12/18[一般口演]
  40. 永野 修,青柳 京子,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,足立 明彦,藤川 厚,町田 利生,小野 純一:全国レベルの研究(ガンマナイフ治療編).第41回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2011/12/18[一般口演]
  41. 瀬戸口 大毅,樋口 佳則,田島 洋佑,池上 史郎,永野 修,芹澤 徹,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍の増殖能に関する検討:T2*image による微小出血と腫瘍増大.第41回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2011/12/18[一般口演]

  2010年1月〜12月

【論文】

  1. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Junichi Ono, Shinji Matsuda, Naokatsu Saeki: Gamma Knife Radiosurgery Alone for One to Four Brain Metastases. Is Prophylactic Whole-Brain Radiation Therapy Really Necessary?. Radiosurgery 7: 258-267, 2010
  2. Toru Serizawa, Tatsuo Hirai, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Junichi Ono , Naokatsu Saeki: Gamma knife surgery for 1-10 brain metastases without prophylactic whole-brain radiation therapy: analysis of cases meeting the Japanese prospective multi-institute study (JLGK0901) inclusion criteria. Journal of Neuro-Oncology: 98, 163-167, 2010
  3. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Takuya Kawabe, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Manabu Hatano, Tatsuo Hirai: Gamma Knife surgery as sole treatment for multiple brain metastases: 2-center retrospective review of 1508 cases meeting the inclusion criteria of the JLGK0901 multi institutional prospective study. Journal of Neurosurgery 113: 48-52, 2010
  4. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Makoto Sato, Iwao Yamakami, Koichi Okiyama, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Tumor shrinkage of vestibular schwannomas after Gamma Knife surgery: results after more than 5 years of follow-up. Journal of Neurosurgery 113: 122-127, 2010
  5. Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono: Trigeminal nerve dysfunction after Gamma Knife surgery for trigeminal neuralgia: a detailed analysis. Journal of Neurosurgery 113: 184-190, 2010
  6. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療の現状と将来展望.病院新聞 2109: 4,2010
  7. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,松田 信二,小野 純一,佐伯 直勝,波多野 学,平井 達夫:多発性転移性脳腫瘍に対する定位放射線単独治療成績〜JLGK0901適格基準を満たす778自験例の検討〜.定位的放射線治療 14: 55-62,2010
  8. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,佐藤 真人,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療:千葉県循環器病センターにおける10年間の治療成績.定位的放射線治療 14: 63-72,2010
  9. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,水橋 里弥,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化に関する検討ー治療後5年間の評価ー.定位的放射線治療 14: 97-104,2010
  10. 芹澤 徹,大賀 優:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.新時代の脳腫瘍学 −診断・治療の最前線− 日本臨床68巻 増刊号10(通巻990号):pp.583-587,2010

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa, Tatsuo Hirai, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Manabu Hatano: Gamma knife treatment results for patients with multiple brain metastases: A multi-institutional prospective study (JLGK0901): Part 2 Retrospective review of the authors 700 eligible cases. 15th International meeting of the Leksell Gamma Knife society(Athens), 2010/5/18 [Oral]
  2. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Tatsuo Hirai, Manabu Hatano: Results of multi-session gamma knife stereotactic radiotherapy for large metastatic brain tumors Comparison between two-session and three-session methods. 15th International meeting of the Leksell Gamma Knife society(Athens)2010/5/19 [Poster]
  3. Shinji Matsuda: Trigeminal dysfunction after gamma knife surgery for trigeminal neuralgia: A detailed analysis. 15th International meeting of the Leksell Gamma Knife society(Athens), 2010/5/19 [Oral]
  4. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Makoto Sato, Kouichi Okiyama, Juniichi Ono, Naokatsu Saeki: Tumor Shrinkage of vestibular schwannomas treated with gamma knife surgery: results od more than 5years follow-up. 15th International meeting of the Leksell Gamma Knife society(Athens), 2010/5/16-20 [Poster]
  5. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Yoshinori Higuchi, Takuya Kawabe, Osamu Nagano, Manabu Hatano, Tatsuo Hirai, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Retrospective review of GKS alone for patients with brain metastases meeting the JLGK0901 criteria. 4th Asian Gamma Knife Academy Meeting(Twaian), 2010/9/18 [Oral]
  6. Toru Serizawa: Symposium: Long-term complication. The 2nd Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society・The 14nth Meeting of the Japanese Leksell Gamma Knife Society(Japan), 2010/11/12 [Moderator]
  7. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Yasunori Sato, Yoshinori Higuchi, Takuya Kawabe, Osamu Nagano, Manabu Hatano, Tatsuo Hirai, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Retrospective review of GKS alone for patients with brain metastases meeting the JLGK0901 criteria. The 2nd Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society・The 14nth Meeting of the Japanese Leksell Gamma Knife Society(Japan), 2010/11/12 [Symposium]
  8. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Makoto Sato, Kouichi Okiyama, Junichi Ono, Naokatsu Saeki: Volumetric follow-up of meningiomas treated with Gamma Knife surgery : results of more than 5 years follow-up. The 2nd Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society・The 14nth Meeting of the Japanese Leksell Gamma Knife Society(Japan), 2010/11/13 [Oral]
  9. Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Makoto Sato, Junichi Ono: Long-term Results of Gamma Knife Surgery for Trigeminal Neuralgia in Chiba Caldiovascular Center. The 2nd Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society・The 14nth Meeting of the Japanese Leksell Gamma Knife Society(Japan), 2010/11/12 [Oral]
  10. 芹澤 徹,山本 昌昭:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療の成績−前向き多施設共同研究(略称JLGK0901、UMIN ID: 000001812)に関して・・. 第19回茨城がん学会(水戸),2010/1/31[一般口演]
  11. 芹澤 徹:「転移性脳腫瘍の治療:ガンマナイフ治療医の立場から」.第23回茨城脳腫瘍治療研究会(筑波),2010/2/5[招待講演]
  12. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の最近の動向.勝田病院 水戸ガンマハウス 5000例記念講演会(水戸),2010/2/6[招待講演]
  13. 芹澤 徹:ガンマナイフを用いた大きな肺癌脳転移に対する寡分割定位的放射線治療.第157回日本肺癌学会関東支部会(東京),2010/3/13[一般口演]
  14. 芹澤 徹,平井 達夫:小さな脳動静脈奇形に対する臨床判断分析に基づく治療法の選択 経過観察か,ガンマナイフか,手術か?.第3回脳血管手術研究会(名古屋),2010/3/14[招待講演]
  15. 芹澤 徹,小南 修史,永野 修,樋口 佳則,平井 達夫,小林 士郎,小野 純一,佐伯 直勝:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績における塞栓術の与える影響Effectiveness of embolization before gamma knife surgery for cerebral arteriovenous malformation.第39回日本脳卒中の外科学会(盛岡),2010/4/16[シンポジウム]
  16. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,松田 信二,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝,平井 伸治:小さな脳動静脈奇形に対する臨床判断分析に基づく治療法の選択経過 観察か,ガンマナイフか,手術か?Treatment selection for small cerebral arteriovenous malformations with clinical decision analysis.Observation,gamma knife radiosurgery or microsurgery?.第35回日本脳卒中学会総会(盛岡),2010/4/16[一般口演]
  17. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.第30回日本脳神経外科コングレンス総会(横浜),2010/5/9[ランチョンセミナー]
  18. 芹澤 徹:一般演題1.第19回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2010/6/12[座長]
  19. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後のT2*陽性所見例の検討.第19回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2010/6/12[指定演題]
  20. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の体積変化の検討ー一過性膨大の期間についてー.第19回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2010/6/12[一般口演]
  21. 樋口 佳則,山上 岩男,永野 修,芹澤 徹,佐伯 直勝:聴神経腫瘍の自然歴の検討:systematic review.第19回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2010/6/12[一般口演]
  22. 山上 岩男,荷堂 謙,佐藤 幹,福田 和正,中村 孝雄,樋口 佳則,佐伯 直勝,永野 修,芹澤 徹,岡 信男:小さな聴神経腫瘍に対する聴力温存手術:聴力温存を左右する因子.第19回日本聴神経腫瘍研究会(東京),2010/6/12[一般口演]
  23. 芹澤 徹:多発性脳転移に対する多施設共同研究JLGK0901適格基準を満たす乳癌脳転移症例のガンマナイフ治療成績.第18回日本乳癌学会学術総会(札幌),2010/6/24[一般口演]
  24. 芹澤 徹,小南 修史,永野 修,樋口 佳則,平井 達夫,小林 士郎,小野 純一,佐伯 直勝:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療前後に施行するembolizationは予後不良因子となりうるのか?.第9回手術 and/or 放射線外科セミナー(東京),2010/7/19[一般口演]
  25. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後のT2*陽性所見例の検討.第9回手術 and/or 放射線外科セミナー(東京),2010/7/19[一般口演]
  26. 芹澤 徹,山本 昌昭,佐藤 泰憲,樋口 佳則,川邊 拓也,永野 修,平井 達夫,波多野 学,小野 純一,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対するSRS単独治療におけるJLGK0901研究適格基準 二施設後ろ向き研究からの妥当性の検証.第19回日本定位放射線治療学会(滋賀),2010/7/30[パネルディスカッション]
  27. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフの有用性と限界〜2000例の経験から〜.第19回日本定位放射線治療学会(滋賀),2010/7/30[イブニングセミナー]
  28. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳 京子,沖山 幸一,小野 純一,松田 信二,佐藤 真人,岩立 康男,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療の適応と限界の適応.第19回日本定位放射線治療学会(滋賀),2010/7/30[シンポジウム]
  29. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,小野 純一,佐伯 直勝:髄膜腫におけるガンマナイフ治療後の体積変化について ー中期間での評価ー.第19回日本定位放射線治療学会(滋賀),2010/7/30[一般口演]
  30. 松田 信二,永野 修,佐藤 真人,芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ後に出現する三叉神経障害,長期予後を含めて.第19回日本定位放射線治療学会(滋賀),2010/7/30[一般口演]
  31. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と将来展望.中央区医師会学術講演会(東京),2010/8/24 [教育講演]
  32. 芹澤 徹:ランチョンセミナー インシュレーテッドフィグゼーションポストについて.第5回明日のガンマナイフを担う会(東京),2010/8/28[座長]
  33. 芹澤 徹:世紀のメス,ガンマナイフ〜脳転移はここまで治せる〜.相澤病院ガンマナイフセンター開設10周年記念公開講座(松本),2010/9/11[招待講演]
  34. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,青柳 京子,野村 亮太,藤川 厚,町田 利生,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療後の髄膜腫の体積変化について:中期間での評価.日本脳神経外科学会第69回学術総会(福岡),2010/10/27[ポスター]
  35. 荻野 暁義,平井 達夫,吉野 篤緒,芹澤 徹,谷地 一成,太田 隆,福島 崇夫,渡邉 学郎,片山 容一:卵巣癌脳転移に対するガンマナイフ治療.日本脳神経外科学会第69回学術総会(福岡),2010/10/27[ポスター]
  36. 芹澤 徹: 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績多施設前向き共同研究(JLGK0901)の結果予測.日本脳神経外科学会第69回学術総会(福岡),2010/10/29[一般口演]
  37. 中崎 清之,芹澤 徹:全脳照射後の小細胞肺癌脳内播種に対するガンマナイフ治療〜8例報告〜.第51回日本肺癌学会総会(広島),2010/11/3[ポスター]
  38. 芹澤 徹,山本 昌昭,佐藤 泰憲,樋口 佳則,永野 修,川辺 拓也: 二施設後ろ向き研究からのJLGK0901研究結果予想 肺癌脳転移に対するSRS単独治療成績.第51回日本肺癌学会総会(広島),2010/11/4[一般口演]
  39. 芹澤 徹:脳動静脈奇形の治療戦略 〜血管内vs放射線治療vs外科治療〜 放射線治療の立場から.第8回ブレインアタックフォーラム千葉(千葉),2010/11/5[招待講演]
  40. 大塚 信哉,竹本 真也,宮川 聡史,小崎 桂,岩田 宏満,芝本 雄太,波多野 学,平井 達夫,芹澤 徹:定位放射線治療後局所再発脳転移に対する再照射例の検討.日本放射線腫瘍学会第23回学術大会(東京),2010/11/19[一般口演]
  41. 芹澤 徹,山本 昌昭,佐藤 泰憲,樋口 佳則,永野 修,小野 純一,佐伯 直勝:A New Index for RPA Class II Patients with Brain METs :Validity Test.日本放射線腫瘍学会第23回学術大会(東京),2010/11/19[一般口演]
  42. 芹澤 徹, 山本 昌昭,佐藤 泰憲,樋口 佳則,永野 修,川辺 拓也,平井 達夫,波多野 学,小野 純一,佐伯 直勝:多発性脳転移に対するSRS単独治療多施設前向き共同研究(JLGK0901)の結果予測. 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会(東京),2010/11/19[一般口演]
  43. 芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,平井 達夫,波多野 学,小野 純一,佐伯 直勝: 大きな転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを用いた寡分割定位的放射線治療成績.日本放射線腫瘍学会第23回学術大会(東京),2010/11/19[一般口演]
  44. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,野村 亮太,青柳 京子,藤川 厚,町田 利生,沖山 幸一,小野 純一: 比較的大きな転移性脳腫瘍に対する低分割低位的放射線治療〜2分割照射 or 3分割照射〜. 第40回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2010/11/23[一般口演]
  45. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療手技に伴う合併症の検討 自験5600例の経験から.第40回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2010/11/23[一般口演]
  46. 芹澤 徹:悪性腫瘍.第2回日本放射線外科学会(東京),2010/11/27[座長]
  47. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,青柳 京子,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療後の髄膜腫の体積変化ー治療後5年間の評価ー.第2回日本放射線外科学会(東京),2010/11/27[一般口演]
  48. 芹澤 徹:脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療計画.第2回日本放射線外科学会(東京),2010/11/27 [教育講演]
  49. 荻野 暁義,平井 達夫,吉野 篤緒,芹澤 徹,谷地 一成,太田 隆,福島 崇夫,渡邉 学郎,片山 容一:卵巣癌脳転移に対するガンマナイフ治療.第28回日本脳腫瘍学会学術集会(軽井沢),2010/11/29[ポスター]
  50. 芹澤 徹:JLGK0901適格基準を満たす肺癌脳転移と乳癌脳転移症例の比較.第7回日本乳癌学会関東地方会(大宮),2010/12/4[一般口演]
  51. 芹澤 徹:ガンマナイフ単独治療後の治療成績 JLGK0901研究適格基準を満たす非小細胞肺癌症例における検討.第159回 日本肺癌学会関東支部会(東京),2010/12/11[一般口演]

  2009年1月〜12月

【論文】

  1. Toru Serizawa: Radiosurgery for metastatic brain tumors. International Journal of Clinical Oncology. 14: 289-298, 2009
  2. Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Osamu Nagano, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Makoto Sato, Yasuo Iwadate, Naokatsu Saeki: Three-staged stereotactic radiotherapy without whole brain irradiation for large metastatic brain tumors. International journal of radiation oncology, biology, physics. 74(5): 1543-1548, 2009
  3. Toru Serizawa: Gamma Knife Radiosurgery for Metastatic Brain Tumors. Essential Practice of Neurosurgery 2009, 411-417
  4. 芹澤 徹:乳癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績ー10個以下の脳転移症例に予防的全脳照射は必要か?.乳がんの臨床 24(6): 760-761,2009

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa, Tatsuo Hirai, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Manabu Hatano: Gamma Knife Surgery for 1-10 brain metastases retrospective review of 800 cases filling JLGK 0901 inclusion criteria. The 1st Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society(Soul), 2009/6/6 [Oral]
  2. Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Makoto Sato, Junichi Ono: Results of Gamma Knife Surgery for trigeminal neuralgia: Chiba experience. The 1st Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society(Soul), 2009/6/6 [Oral]
  3. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Makoto Sato, Junichi Ono: Tumor shrinkage of vestibular schwannomas followed for more than 5 years after Gamma Knife Surgery. The 1st Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society(Soul), 2009/6/6 [Oral]
  4. Toru Serizawa, Tatsuo Hirai, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Naokatsu Saeki, Manabu Hatano: Gamma Knife Surgery for 1-10 brain metastases without prophylactic Whole Brain Radiation Therapy. 9th Biennial Congress and Exhibition of the International Stereotactic Radiosurgery Society(Soul), 2009/6/8 [Oral]
  5. Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, makoto Sato, Junichi Ono: Gamma Knife Surgery for trigeminal neuralgia: an analysis of gadoliniium enhancement of the trigeminal nerve root. 9th Biennial Congress and Exhibition of the International Stereotactic Radiosurgery Society (Soul), 2009/6/10 [Oral]
  6. Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono: Tumor shrinkage of acoustic neurinoma followed for more than 5 years after gamma knife surgery. 9th Biennial Congress and Exhibition of the International Stereotactic Radiosurgery Society(Soul), 2009/6/10 [Poster]
  7. Toru Serizawa: Radiosurgery for metastatic tumor. 3rd Asian Gamma Knife Training Program(Busan), 2009/9/20 [Oral]
  8. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,山上 岩男,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後、腫瘍内出血による一過性膨大を認めた2例. 第18回日本聴神経腫瘍研究会 (東京),2009/6/13 [一般口演]
  9. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の体積変化−治療後5年間の評価−. 第18回日本聴神経腫瘍研究会 (東京),2009/6/13 [一般口演]
  10. 樋口 佳則,水橋 里弥,永野 修,芹澤 徹,山上 岩男,佐伯 直勝:ガンマナイフ治療後腫瘍周囲に浮腫を来した聴神経腫瘍の検討. 第18回日本聴神経腫瘍研究会 (東京),2009/6/13 [一般口演]
  11. 芹澤 徹:ガンマナイフ紹介患者からみた脳動静脈奇形の自然史. 第58回関東脳神経外科懇話会 (東京),2009/6/27 [招待講演(特別講演)]
  12. 芹澤 徹:乳癌脳転移に対する予防的全脳照射を併用しないガンマナイフ単独治療成績 転移個数が予後に与える影響. 第17回日本乳癌学会学術総会 (東京),2009/7/3 [一般口演]
  13. 芹澤 徹:全脳照射後の肺癌脳転移の再発および新規病変に対するガンマナイフ追加治療成績. 第155回日本肺癌学会関東部会 (東京),2009/7/11 [一般口演]
  14. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,松田 信二,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝:10個以下の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療成績 5個以上は定位放射線治療単独では制御不可能なのか?. 第18回日本定位放射線治療学会 (仙台),2009/7/17 [シンポジウム]
  15. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,松田 信二,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝,芝本 雄太:大きな転移性脳腫瘍に対する3分割と2分割定位的放射線治療成績の比較. 第18回日本定位放射線治療学会 (仙台),2009/7/17 [一般口演]
  16. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化に関する検討-治療後5年間の評価-. 第18回日本定位放射線治療学会 (仙台),2009/7/17 [一般口演]
  17. 松田 信二,永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,佐藤 真人,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療.千葉県循環器病センターにおける10年間の治療成績. 第18回日本定位放射線治療学会 (仙台),2009/7/17 [一般口演]
  18. 水橋 里弥,樋口 佳則,山上 岩男,永野 修,佐伯 直勝,芹澤 徹:ガンマナイフ治療後の聴神経腫瘍に伴う脳浮腫の病態. 第18回日本定位放射線治療学会 (仙台),2009/7/17 [一般口演]
  19. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝,芝本 雄太:大きな転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療 二分割と三分割治療成績の比較. 第8回手術・放射線外科セミナー(群馬),2009/7/19 [一般口演]
  20. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:ガンマナイフ後の聴神経腫瘍の体積変化. 第8回手術・放射線外科セミナー(群馬),2009/7/19 [一般口演]
  21. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人:ガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化−髄膜腫での検討−. 第4回明日のガンマナイフを担う会(大分),2009/9/4 [一般口演]
  22. 芹澤 徹,永野 修,佐藤 真人:各種デバイスを用いた最辺縁病変に対するトラニオン照射における工夫. 第4回明日のガンマナイフを担う会(大分),2009/9/5 [一般口演]
  23. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,樋口 佳則:5個以上の転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療単独成績 寡数個(4個以下)との比較. 日本放射線腫瘍学会第22回学術大会(京都),2009/9/17 [一般口演]
  24. 芹澤 徹:10個以下の転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療単独成績 ガンマナイフ治療のエビデンス確立にむけて. 第68回日本脳神経外科学会学術総会(東京),2009/10/14 [シンポジウム]
  25. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療 エビデンス確立への努力. 第68回日本脳神経外科学会学術総会(東京),2009/10/14 [ランチョンセミナー]
  26. 芹澤 徹:脳腫瘍 多発転移性脳腫瘍. 第68回日本脳神経外科学会学術総会(東京),2009/10/14 [ケースカンファレンス,指定コメンテーター]
  27. 芹澤 徹,平井 達夫,波多野 学,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝:大きな転移性脳腫瘍に対する3分割と2分割定位的放射線治療成績の比較. 第68回日本脳神経外科学会学術総会(東京),2009/10/14 [一般口演]
  28. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,松田 信二,佐藤 真人,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝:ガンマナイフ後の聴神経腫瘍の体積変化 治療後5年間の評価. 第68回日本脳神経外科学会学術総会(東京),2009/10/14 [ポスター]
  29. 芹澤 徹:世紀のメス ガンマナイフ. 麻布学園総合講義 (東京),2009/10/31 [教育講演]
  30. 芹澤 徹:10個以下肺癌脳転移に対する定位放射線単独治療成績 ガンマナイフ後予防的全脳照射の必要性はあるのか?. 第50回日本肺癌学会総会 (東京),2009/11/12 [ポスター]
  31. 芹澤 徹:良性腫瘍・AVM. 第1回日本放射線外科学会(東京),2009/11/28 [座長]
  32. 芹澤 徹:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療計画. 第1回日本放射線外科学会(東京),2009/11/28 [教育講演]
  33. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一.樋口 佳則,佐伯 直勝,芝本 雄太:大きな転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを用いた定位的放射線治療・3 sessionと2 session法の比較.第1回日本放射線外科学会(東京),2009/11/28 [一般口演]
  34. 芹澤 徹,平井 達夫,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝:JLGK0901研究紹介(千葉大学脳神経外科が果たしている役割). 第39回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2009/11/29 [一般口演]
  35. 永野 修,芹澤 徹,樋口 佳則,岡田 博央,水橋 里弥,藤川 厚,町田 利生,沖山 幸一,小野 純一:ガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化について(髄膜腫での検討). 第39回千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2009/11/29 [一般口演]
  36. 芹澤 徹:JLGK0901適格基準をみたす3個以下の乳癌脳転移に対するSRS単独治療成績 (予防的全脳照射は必要か?). 第6回日本乳癌学会関東地方会(埼玉),2009/12/5 [一般口演]
  37. 芹澤 徹:寡数個肺癌脳転移に対するSRS単独治療後の新規病変出現. 第156回日本肺癌学会関東支部会(東京),2009/12/12 [一般口演]

  2008年1月〜12月

【論文】

  1. Toru Serizawa: Metastatic Brain Tumors: Lung Cancer. Japanese Experience with Gamma knife Radiosurgery 22: 42-153, 2009
  2. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto, Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Shinji Matsuda, Junichi Ono, Yasuo Iwadate, Naokatsu Saeki: Gamma Knife surgery for metastatic brain tumorsA 2-institute study in Japan. Journal of Neurosurgery 109: 118-121, 2008
  3. Shinji Matsuda, Toru Serizawa, Osamu Nagano, Junichi Ono: Comparison of the results of 2 targeting methods in Gamma Knife surgery for trigeminal neuralgia. Journal of Neurosurgery 109: 185-189, 2008
  4. Osamu Nagano, Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Junichi Ono,Shinji Matsuda, Iwao Yamakami, Naokatsu Saeki: Transient expansion of vestibular schwannoma following stereotactic radiosurgery. Journal of Neurosurgery 109: 811-816, 2008
  5. 芹澤 徹:寡数個脳転移に対する定位放射線治療〜予防的全脳照射を併用しないガンマナイフ単独治療成績〜.医学のあゆみ 225(4),351-356,2008
  6. 芹澤 徹:全脳照射後の局所再発および新規に出現した転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ追加治療成績.日本定位放射線治療学会
  7. 芹澤 徹,永野 修,樋口 佳則,小野 純一,松田 信二,岩立 康男,佐伯 直勝:全脳照射後の局所再発および新規に出現した転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ追加治療成績.日本定位放射線治療学会 11: 1-9,2007
  8. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,町田 利生,沖山 幸一,小野 純一,松田 信二,佐藤 真人,岩立 康男,佐伯 直勝:転移性脳腫瘍に対する定位的放射線外科治療と低分割定位的放射線治療の適応.日本定位放射線治療学会 11: 21-27,2007
  9. 松田 信二,芹澤 徹,樋口 佳則,永野 修,佐藤 真人,小野 純一:三叉神経痛に対するガンマナイフ治療−三叉神経根ガドリニウム造影効果−.日本定位放射線治療学会 11: 65-72,2007
  10. 樋口 佳則,芹澤 徹,永野 修,町田 利生,沖山 幸一,伊達 裕昭,伊藤 千秋,沼田 理,佐伯 直勝,小野 純一:小児に対するガンマナイフ治療−全身麻酔下での安全性の確立−.小児の脳神経 33: 303-307,2008

【学会・研究会発表・講演会】

  1. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto: Gamma Knife Radiosurgery for Brain Metastases without Prophylactic Radiation Therapy-Two-Institute Study in Japan. 14th Leksell gamma knife Society (Quebec Canada), 2008/5/22 [Oral]
  2. Toru Serizawa, Masaaki Yamamoto: Gamma Knife Radiosurgery for Brain Metastases without Prophylactic Whole Brain Radiation Therapy Two Institute Comparative Study in Japan. 第23回日本脳神経外科国際学会フォーラム JNEF (千葉), 2008/7/18 [Oral]
  3. Yoshinori Higuchi, Toru Serizawa, Osamu Nagano, Junichi Ono, Yasuo Iwadate, Naokatsu Saeki: Three-staged stereotactic radiotherapy without whole brain irradiation for large metastatic brain tumors. 第23回日本脳神経外科国際学会フォーラム JNEF (千葉), 2008/7/18 [Oral]
  4. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と問題点.第15回東京脳腫瘍治療懇話会 (東京) ,2008/1/18 [招待講演]
  5. 樋口 佳則,永野 修,町田 利生,芹澤 徹,沖山 幸一,小野 純一,松田 信二,佐伯 直勝,上司 郁男:大脳皮質基底核症候群に伴うChoreoatetosisに対し淡蒼球内節刺激を施行した1例.第47回日本定位・機能神経外科学会(浜松),2008/1/26 [一般口演]
  6. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.平成藤枝総合病院PETセンター開院式(静岡),2008/1/27 [招待講演]
  7. 芹澤 徹:世紀のメスガンマナイフ 転移性脳腫瘍.鎌ヶ谷総合病院学術講演会(千葉),2008/1/31 [招待講演]
  8. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍の治療計画.第1回ガンマナイフ治療計画勉強会(東京), 2008/2/8 [教育講演]
  9. 芹澤 徹,山本 昌昭: 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療において患者選択,治療計画,経過観察の違いは予後に影響を与えるのか? 〜二施設間比較検討〜. 第1回ガンマナイフ治療計画勉強会 (東京), 2008/2/9[教育講演]
  10. 樋口 佳則,永野 修,町田 利生,芹澤 徹,沖山 幸一,藤川 厚,佐伯 直勝,小野 純一:後期高齢者の慢性硬膜下血腫の臨床像 非高齢者,前期高齢者との比較-. 日本老年脳神経外科学会(東京), 2008/3/8[一般口演]
  11. 樋口 佳則,小野 純一,松田 信二,町田 利生,永野 修,芹澤 徹,沖山 幸一,小林 英一,小林 繁樹,小沢 義典:発症早期に症状が増悪進行した非出血性椎骨脳底動脈解離の検討.日本脳卒中学会(京都), 2008/3/20[一般口演]
  12. 芹澤 徹, 山本 昌昭:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療において患者選択、治療計画、経過観察の違いは予後に影響を与えるのか? 2施設間比較検討〜.第17回日本定位放射線治療学会(奈良), 2008/5/30[一般口演]
  13. 樋口 佳則, 廣野 誠一郎, 山上 岩男, 堀口 健太郎, 岩立 康男, 佐伯 直勝, 永野 修, 芹澤 徹:ガンマナイフ治療後聴神経腫瘍の病理学像 Pathological finding of acoustic neurinoma following Gamma knife surgery. 第17回日本定位放射線治療学会 (奈良), 2008/5/30 [一般口演]
  14. 永野 修,芹澤 徹, 樋口 佳則, 小野 純一, 佐伯 直勝:Target definitionにおける検者間の較差−聴神経腫瘍における検討−.第17回日本定位放射線治療学会(奈良), 2008/5/30[一般口演]
  15. 芹澤 徹, 平井 達夫, 永野 修, 小野 純一, 樋口 佳則, 山上 岩男, 佐伯 直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ後に一過性膨大を顕著に認める症例は、5年後腫瘍がより縮小するのか?.第17回聴神経腫瘍研究会(東京),2008/6/7[一般口演]
  16. 山上 岩男, 樋口 佳則, 佐伯 直勝, 永野 修, 芹澤 徹:聴神経腫瘍にともなうperitumoral edema in the cerebellum and brainstem.第17回聴神経腫瘍研究会(東京),2008/6/7[一般口演]
  17. 樋口 佳則,廣野 誠一郎, 山上 岩男, 堀口 健太郎, 岩立 康男, 佐伯 直勝, 永野 修, 小野 純一, 芹澤 徹: ガンマナイフ治療後手術に至った聴神経腫瘍の病理学的検討.第17回聴神経腫瘍研究会 (東京), 2008/6/7 [一般口演]
  18. 芹澤 徹:4個以下の小細胞肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療の有用性 非小細胞肺癌との比較.第152回日本肺癌学会関東部会(東京),2008/7/5 [一般口演]
  19. 芹澤 徹:定位照射後の脳転移再発例をどう治療すべきか.第56回東京乳腺研究会(東京), 2008/8/30 [招待講演]
  20. 芹澤 徹:築地神経科クリニックの紹介 医師の観点から.第3回明日のガンマナイフを担う会(横浜),2008/9/13[一般口演]
  21. 芹澤 徹:頭蓋底転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第7回手術放射線外科セミナー(東京),2008/9/15[一般口演]
  22. 芹澤 徹:乳癌脳転移に対するガンマナイフ治療 予防的全脳照射は必要か?.第16回日本乳癌学会総会(大阪),2008/9/27[シンポジウム]
  23. 永野 修, 芹澤 徹,樋口 佳則,田島 洋佑,藤川 厚,町田 利生,沖山 幸一,小野 純一,佐伯 直勝: 転移性脳腫瘍におけるSW1 (Susceptibility-weighted imaging)の有用性.第67回日本脳神経外科総会(盛岡),2008/10/1[ポスター]
  24. 平井 達夫,波多野 学,芹澤 徹:振戦に対するガンマナイフ視床手術. 第67回日本脳神経外科総会(盛岡),2008/10/2 [ポスター]
  25. 芹澤 徹,永野 修,小野 純一,樋口 佳則,佐伯 直勝,平井 達夫:頭蓋底転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第67回日本脳神経外科総会(盛岡),2008/10/2[一般口演]
  26. 井内 俊彦, 境田 司, 永野 修, 芹澤 徹,岩元 克宣, 廣野 誠一郎:転移性脳腫瘍の治療 定位照射から手術へのパラダイムシフト.第67回日本脳神経外科総会(盛岡),2008/10/2[一般口演]
  27. 芹澤 徹, 永野 修,小野 純一,樋口 佳則,岩立 康男, 佐伯 直勝,平井 達夫, 波多野 学:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを中心とした局所治療プロトコールの有効性と問題点.第67回日本脳神経外科総会(盛岡),2008/10/3[シンポジウム]
  28. 芹澤 徹, 樋口 佳則:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを中心とした手術,SRTを組み合わせた局所治療成績.第21回日本放射線腫瘍学会(札幌),2008/10/16[一般口演]
  29. 芹澤 徹, 山本 昌昭:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の施設間較差 −二施設比較−.第21回日本放射線腫瘍学会(札幌),2008/10/16[一般口演]
  30. 芹澤 徹, 永野 修,樋口 佳則,小野 純一,佐伯 直勝:大きな海綿静脈洞海綿状血管腫に対して5分割ガンマナイフ治療を施行した一症例.第57回関東脳神経外科懇話会(東京),2008/11/8[一般口演]
  31. 芹澤 徹:肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績単一プロトコール1000例の治療経験から.第49回日本肺癌学会総会 (福岡),2008/11/13[シンポジウム]
  32. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍におけるガンマナイフ治療の現状−適応と限界について−.第5回中部放射線治療研究会(名古屋),2008/11/21[招待講演]
  33. 芹澤 徹:大きな肺癌脳転移に対しガンマナイフを用いた低分割定位的放射線治療が奏功した1例.第153回日本肺癌学会関東地方会(東京),2008/12/13[一般口演]

  2007年1月〜12月

【論文】

芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,永野修,周藤 高,猪森茂雄,藤野英世,山本昌昭,福岡誠二,城倉英史,川岸 潤,岩井謙育,
  山中一浩:小さな脳動静脈奇形の自然歴.ガンマナイフ治療を施行した2000例の初回出血の検討 脳卒中の外科 35: 41-46,2007

【学会・研究会発表・講演会】

  1. 芹澤 徹:千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療の現状.テルモ講演会(千葉),2007/1/18[教育講演]
  2. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍のガンマナイフ治療.第6回文京脳腫瘍研究会(東京),2007/1/29[特別講演]
  3. 芹澤 徹:悪性脳腫瘍の至適線量 特に転移性脳腫腫瘍について.ガンマナイフ治療研究会(大阪),2007/2/10[シンポジウム]
  4. 芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,小野純一,松田信二:頭蓋底髄膜腫に対するガンマナイフ中期治療成績 再発時における再照射のタイミングと照射法.ガンマナイフ治療研究会(大阪),2007/2/10[一般口演]
  5. 芹澤 徹,佐藤真人,樋口佳則,永野 修,小野純一,松田信二:最辺縁病変に対する新型YZスライドの開発.ガンマナイフ治療研究会(大阪),2007/2/10[一般口演]
  6. 芹澤 徹:4個以下の脳転移に対するSRS単独治療成績 新病変出現の頻度と追加治療の必要性の検討.日本高精度放射線外部照射研究会(東京),2007/3/3[一般口演]
  7. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,岩立康男,佐伯直勝:多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と将来展望.脳神経外科コングレンス(仙台),2007/5/17[教育講演]
  8. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,沖山幸一,町田利生:臨床判断分析に基づく小さな脳動静脈奇形に対する最適な治療法の選択 長期予後からみた小児例におけるガンマナイフ治療の問題点.日本小児神経外科学会(千葉),2007/6/1[シンポジウム]
  9. 芹澤 徹,永野 修,小野純一,松田信二,仲野敦子,樋口佳則,山上岩男,佐伯直勝:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化.聴神経腫瘍研究会(東京),2007/6/2[一般口演]
  10. 芹澤 徹:千葉県循環器病センターにおける脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療.千葉脳神経外科研究会(千葉),2007/6/8[一般口演]
  11. 芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,松田信二,小野純一,佐伯直勝:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 単一局所治療プロトコールにおける1400例の検討.日本定位放射線治療学会(東京),2007/7/28[一般口演]
  12. 芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,松田信二,小野純一,佐伯直勝:全脳照射後の再発および新規脳転移に対するガンマナイフ追加治療成績.日本定位放射線治療学会(東京),2007/7/28[一般口演]
  13. 芹澤 徹:千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療4000例のあゆみ.千葉放射線外科研究会, 2007/7/29[一般口演]
  14. 芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,松田信二,小野純一,緑川亜衣,丸 繁勘:タリウムスペクトとMRIの Fusion画像を利用した治療計画 Gamma Planへの応用.第42回腫瘍免疫核医学研究会(千葉),2007/9/15[一般口演]
  15. 芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,町田利生,沖山幸一,小野純一,佐伯直勝:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 単一局所プロトコールにおける1400例の検討.日本脳神経外科総会(東京),2007/10/3[一般口演]
  16. 芹澤 徹:肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績と適応 単一局所治療プロトコールにおける940例の検討.日本肺癌学会総会(名古屋),2007/11/24[一般口演]
  17. 芹澤 徹:全脳照射後の再発および新規肺癌脳転移に対するガンマナイフ追加照射成績と適応.日本肺癌学会総会(名古屋),2007/11/24[一般口演]
  18. 芹澤 徹,樋口佳則:転移性脳腫瘍に対するSRS単独治療成績 局所プロトコールの適応と限界.JASTRO(福岡),2007/12/14[一般口演]

  2006年1月〜12月

【論文】

  1. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono, Shinji Matsuda, Osamu Nagano, Yasuo Iwadate, Naokatsu Saeki: Gamma Knife surgery for metastatic brain tumors without prophylactic whole-brain radiotherapy: results in 1000 consecutive cases. Journal of Neurosurgery 105 (Suppl): 86-90, 2006
  2. Toru Serizawa, Yoshinori Higuchi, Junichi Ono, Shinji Matsuda, Toshihiko Iuchi, Osamu Nagano, Naokatsu Saeki: Gamma Knife Surgery for Metastatic Brain Tumors from Lung Cancer without Prophylactic Whole Brain Radiation Therapy. Radiosurgery 6: 186-198, 2006
  3. 芹澤 徹,樋口 佳則,小野 純一,町田 利生,沖山 幸一,永野 修,佐伯 直勝,周藤 高,猪森 茂雄,藤野 英世,安井 信之,山本 昌昭: 未破裂脳動静脈奇形に対する臨床判断に基づく治療法の選択-経過観察か,ガンマナイフか,手術か?.脳卒中の外科 34: 152-156,2006

【学会・研究会発表・講演会】

  1. 芹澤 徹:症例から学ぶ(ガンマナイフ治療におけるリスクマネージメント).第11回ガンマナイフ研究会(東京),2006/2/4[招待講演]
  2. 芹澤 徹:最側方病変に対する特殊YZスライドの改良 最終バージョン”千葉スライド”の紹介.第11回ガンマナイフ研究会(東京),2006/2/4[イブニングセッション]
  3. 芹澤 徹,樋口 佳則,小野純一,松田信二,佐藤真人:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 全脳照射を併用しないでどこまで頭蓋内制御が可能か?.第11回ガンマナイフ研究会(東京),2006/2/4[一般口演]
  4. 芹澤 徹:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別:タリウムスペクトの有効性.第35回日本神経放射線学会 (東京),2006/2/23[シンポジウム]
  5. 芹澤 徹:聴神経腫瘍に対する定位手術的照射後のPitfall:一過性膨大の頻度と程度に関する考察.日本高精度放射線外部照射研究会(甲府),2006/3/8[一般口演]
  6. 芹澤 徹:ガンマナイフを用いた低分割定位的放射線治療の有用性とpitfall.日本高精度放射線外部照射研究会(甲府),2006/3/8[一般口演]
  7. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,福岡誠二,城倉英史,川岸 潤,山本昌昭,周藤 高,猪森茂雄,藤野英世:ガンマナイフを施行した脳動静脈奇形2000例の自然歴−初回出血と再出血の検討−.第35回日本脳卒中の外科学会(横浜),2006/3/17[一般口演]
  8. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,町田利生,沖山幸一,松田信二,赤荻英理,永野 修,佐伯直勝:臨床判断分析に基づく小さな脳動静脈奇形に対する治療法の選択.第31回日本脳卒中学会総会(横浜),2006/3/20[一般口演]
  9. 芹澤 徹,樋口佳則,町田利生,沖山幸一,小野純一,永野 修,山上岩男,佐伯直勝:聴神経腫瘍はガンマナイフ治療後どの程度縮小するのか? 5年間の三次元的測定による結果.日本聴神経腫瘍研究会(東京),2006/6/15[一般口演]
  10. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療の術前診断と治療効果判定におけるタリウムスペクトの有用性.第7回腫瘍核医学セミナー(大阪),2006/6/24[招待講演]
  11. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療におけるタリウムスペクトの有用性.第3回千葉北総神経放射線研究会特別講演会(千葉),2006/7/14[招待講演]
  12. 芹澤 徹:放射線障害と腫瘍再発の鑑別におけるタリウムスペクトの有用性.手術放射線外科セミナー(東京),2006/7/16[一般口演]
  13. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,松田信二,佐藤真人,永野 修,佐伯直勝,小出里佳:ガンマナイフ単独治療における新病変出現と追加治療の検討.第15回日本定位放射線治療学会,(米子)2006/7/22[一般口演]
  14. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,松田信二,佐藤真人,永野 修,佐伯直勝,小出里佳:医療費用からみた3個以下の転移性脳腫瘍に対する放射線治療選択 SRS単独とSRS+全脳照射の比較.第15回日本定位放射線治療学会(米子),2006/7/22[一般口演]
  15. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,町田利生,沖山幸一,柳沢正道,佐藤真人,松田信二:ガンマナイフ治療計画へのタリウムスペクト応用の試み.第44回千葉核医学研究会(千葉),2006/9/23[一般口演]
  16. 芹澤 徹:ガンマプランを用いた治療の実際(転移性脳腫瘍の2例).第一回明日のガンマナイフを担う会,2006/9/30
  17. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療の最前線.戸田建設研修会(東京),2006/9/30[招待講演]
  18. 芹澤 徹:千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療の現状と将来展望.市原ニューロカンファレンス(幕張),2006/10/5[招待講演]
  19. 芹澤 徹:ガンマナイフ治療におけるタリウムスペクトの有用性と限界 主に治療前診断と治療効果判定について.第19回 画像診断の基礎と臨床学術講演会(鴨川),2006/10/14[招待講演]
  20. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,町田利生,沖山幸一,永野 修,岩立康男,佐伯直勝:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療の適応と中長期的成績:神経死予防,機能温存はどの程度可能か?.第65回日本脳神経外科学会総会(京都),2006/10/18[ポスター]
  21. 芹澤 徹:4個以下の肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療 小細胞肺癌に予防的全脳照射は必要か?.肺癌学会(京都),2006/11/15[ポスター]
  22. 芹澤 徹,樋口佳則:3個以下の転移性脳腫瘍に対する放射線治療の医療費用:SRS単独とSRS+全脳照射の比較.JASTRO(仙台),2006/11/23[シンポジウム]
  23. 芹澤 徹,樋口佳則,町田利生,沖山幸一,小野純一:転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 1000例の経験から.千葉大学脳神経外科医会研究会,(千葉)2006/12/1[一般口演]
  24. 芹澤 徹,樋口佳則,町田利生,沖山幸一,小野純一:新治療棟のご紹介.千葉大学脳神経外科医会研究会(千葉),2006/12/1[一般口演]
  25. 芹澤 徹,町田利生,樋口佳則,小野純一:大きな乳癌脳転移に対するガンマナイフを用いた低侵襲治療.乳癌学会関東地方会(大宮),2006/12/6[一般口演]
前のページへ戻る
 
   
HOME | お知らせ | 病院紹介 | 診療案内 | 診療予約 | 医療設備 | 採用案内 | アクセス | お問い合わせ |
これからガンマナイフ治療を受ける方へ | 脳ドックセンター | ガンマユニットセンター | 免疫再生医療センター | サイトマップ